全2480文字
PR

 3COINS(スリーコインズ)やTHREEPPY 300 and Happy(スリーピー)などの「300円ショップ」が人気を博している。330円(税込み、以下同)のグッズだけではなく550円、770円、1100円といった価格帯のグッズも扱っていて、「100均ショップ」とは趣の異なるデジタルグッズも店頭に並ぶ。今回はその中で使いやすいグッズを5つ選んで紹介しよう。

 3COINSで売っていた「スマホスクリーンアンプ」は、スマートフォンの画面を拡大表示できるスマホスタンドだ。幅25×縦14.5センチのレンズにより、スマホの画面を2~3倍程度に拡大する。スマホの5~6インチの画面が、8~10インチのタブレットくらいに拡大する。

 レンズは円状に模様がついていて、中心から外側に向かうにつれて画面が白っぽく見えるが、動きが激しいスポーツ中継を観戦しても目は疲れなかった。画面が拡大すると、文字も見やすくなる。映像を楽しむときだけでなく、Bluetoothキーボードを使ってメールを打つときも活躍しそうだ。レンズは樹脂製なので軽く、スタンドは小さく折り畳めるので、持ち運びしやすい。

 スマホスタンドは前後に移動できるので、レンズの位置をスマホの大きさに合わせて調節しやすい。ただし、スマホスタンドの角度は固定されて調節できないため、十分なスペースがないと使いづらそうだ。

(写真はスタジオキャスパー、以下同)
3COINS(スリーコインズ)で購入した「スマホスクリーンアンプ」は、スマホの画面を拡大できるスマホスタンドだ。価格は330円(税込み)
[画像のクリックで拡大表示]
サイズは幅25×縦14.5センチと大きい。写真のスマホは6.7インチの「iPhone 12 Pro Max」だが、10インチのタブレットくらいに画面を拡大できる
サイズは幅25×縦14.5センチと大きい。写真のスマホは6.7インチの「iPhone 12 Pro Max」だが、10インチのタブレットくらいに画面を拡大できる
[画像のクリックで拡大表示]
レンズの後方にスマホを設置する。スマホスタンドの角度は固定だが、レンズの角度やスマホの位置は調節できる
レンズの後方にスマホを設置する。スマホスタンドの角度は固定だが、レンズの角度やスマホの位置は調節できる
[画像のクリックで拡大表示]