全4833文字
PR

ベースがブイブイと鳴るBeats by Dr. Dreらしい音

 Powerbeats Proはよくも悪くもBeats by Dr. Dreらしい音質で好みが分かれる。Beats by Dr. Dreの製品は、どれも低域と高域が強調された味付けだ。パッと聴きで派手なチューニングが施されている。俗に言う「ドンシャリ」系の音であり、ベースがブイブイと鳴り、ドラムのハイハットやシンバルなど高帯域の応答が早い。

 AirPodsや有線イヤホンのEarPodsも似たような傾向だが、Powerbeats Proはさらに「ドンシャリ」が強調されている印象だ。

 音楽制作業を営み、仕事やプライベートを含めヘビメタからクラシックまであらゆるジャンルの音楽を聴く筆者は、フラット系の周波数特性が好みだ。Powerbeats Proの音の味付けには首をかしげる部分はあるが、音質に対する好みは十人十色、千差万別なので、これ以上のコメントは控える。ただ、2万4800円のイヤホンとしての音質的価値は十分に確保していることは申し添えておく。

 下図は左を低音域、右を高音域として、フラット系、Powerbeats Pro、AirPodsの周波数特性のイメージを手書きグラフで示したものだ。機器などで計測したわけではなく、あくまでも筆者の主観的なイメージなので「数値は?」などの突っ込みはご容赦いただきたい。Powerbeats Proは高低の帯域が盛り上がり、中域は控えめな印象があった。

Powerbeats ProとAirPodsの周波数特性のイメージ(筆者作成)
Powerbeats ProとAirPodsの周波数特性のイメージ(筆者作成)
Powerbeats Proは低音が強調されている。この点はBeats by Dr. Dre製品に共通している
[画像のクリックで拡大表示]

 Powerbeats Proはイヤーチップを用いるインナーイヤー型であるため、遮音性はAirPodsと比べて圧倒的に勝っている。AirPodsを地下鉄で使うと、耳の穴とAirPods本体の隙間から騒音が容赦なく侵入してくる。かといって音量を上げると周囲への音漏れが気になる。

 Powerbeats Proはイヤーチップで耳の穴を塞ぐので、騒音の侵入も音漏れも少ない。電車内で音楽を聴きたいユーザーにお薦めだ。

 ここでイヤーチップについての参考情報をお伝えする。イヤーチップが自分の耳にフィットしているか否かは聴覚上の周波数特性に大きく影響する。耳の穴に対しチップサイズがスカスカだったり挿入が浅かったりすると、中低域に物足りなさを感じる。逆に大きなチップを無理やりねじ込んだ状態だと、高域が抑えられこもった印象の音になる。

製品パッケージに格納されたイヤーチップ
製品パッケージに格納されたイヤーチップ
本体のイヤーチップとは別に大きさの異なる3種類のイヤーチップが格納されている
(撮影:山崎 潤一郎)
[画像のクリックで拡大表示]

 Powerbeats Proには大小4種類のウレタンゴム製イヤーチップが付属しているので、最適なサイズを見つけてほしい。ちなみに筆者は普段使っているサードパーティー製の低反発ウレタン製のチップに付け替えて試用した。低反発ウレタンの製品はベストなフィット感を得られる。半年も使えば劣化して形崩れをしてしまうが、Amazon.co.jpで6セット入り1000円程度の製品でも十分使える。