全2502文字
PR

 プロジェクターの投映範囲はレンズの正面だけでなく、レンズから左右にある程度の範囲であれば、設定で表示位置を変更できる。シーリングライトの取り付け位置によって、画面が変形した場合でも簡単な調整で済む。プロジェクターは特性上、レンズのピントが正しく合っていないとぼやけて見えることが多々あるが、この製品は自動でピントを調整する。

 OSはAndroid 9.0だが独自のインターフェースを採用しており、それを搭載するスマートフォンなどとは画面が大きく異なる。巨大なアイコンが並ぶシンプルなデザインで、大画面でも分かりやすい。お薦めのコンテンツやよく使う項目を画面上に配置し、それ以外の項目を画面下に配置するデザインなので、リモコンでも操作しやすい。ボタンを押したときの反応が良く、操作にストレスは感じない。

 専用アプリはpopIn独自ストアの「App Selection」から入手する。Amazon Prime Video、Netflix、Hulu、ABEMA、U-NEXT、Paraviといった動画サイトのアプリは初期状態からインストールされている。YouTubeや地デジの番組を再生するアプリは、同ストアからインストールできる。ゲーム、専用のDVDプレーヤーと組み合わせてDVDを視聴できるアプリ「DVDミレル」なども入手可能だ。

OSはAndroidを搭載する。リモコンで操作しやすい画面構成だ
OSはAndroidを搭載する。リモコンで操作しやすい画面構成だ
[画像のクリックで拡大表示]
アプリはpopIn独自ストアの「App Selection」からインストールする。種類は少ない
アプリはpopIn独自ストアの「App Selection」からインストールする。種類は少ない
[画像のクリックで拡大表示]

 実際にpopInを試した。プロジェクターから投映される画面は美しい。シーリングライトをつけても消しても、赤や緑といった色が鮮やかに再現されていた。「43センチの短距離で40型の画面を投映できる」という旨のメーカーのうたい文句に偽りはなく、至近距離でも大画面を投映できた。映りは20万円クラスの高級プロジェクターと遜色がない。10万円以下でここまで画質が良いのは驚きだ。

画面はきれいだ。特に赤や緑の発色が良い。プロジェクターにありがちなぼけもなく映りはシャープな印象だ
画面はきれいだ。特に赤や緑の発色が良い。プロジェクターにありがちなぼけもなく映りはシャープな印象だ
(出所:筆者)
[画像のクリックで拡大表示]
本体から壁までの距離が43センチと短くても40インチの画面を投映できる。シーリングライトを点灯し部屋が明るい状態でも画面の発色が良く見やすかった
本体から壁までの距離が43センチと短くても40インチの画面を投映できる。シーリングライトを点灯し部屋が明るい状態でも画面の発色が良く見やすかった
(出所:筆者)
[画像のクリックで拡大表示]