全2313文字
PR

 ノートパソコンの小さいディスプレーだけでは、複数のウインドーを見比べながらの作業がやりづらい。いちいちウインドーを切り替えて仕事をしていては効率が悪く、ストレスがたまる。この問題の解決には、外付けディスプレーを取り付けてデスクトップ画面を拡張するのが有効だ。

 ジャパンネクストの「Tri-Screen(トライスクリーン)」は液晶パネルを2枚搭載したモバイルディスプレーだ。ノートパソコンに取り付けると、その左右にディスプレーを追加して「トリプルディスプレー環境」が簡単に作れる。

ノートパソコンの左右にディスプレーを追加できる、ジャパンネクストのモバイルディスプレー「Tri-Screen(トライスクリーン)」
ノートパソコンの左右にディスプレーを追加できる、ジャパンネクストのモバイルディスプレー「Tri-Screen(トライスクリーン)」
(出所:スタジオキャスパー、以下同)
[画像のクリックで拡大表示]

 コンパクトに折り畳んで持ち運べるので、自宅、コワーキングスペース、フリーアドレス制のオフィスなど、ノートパソコンを持ち運んで使う様々な場面で利用できる。パソコンとはUSB-CやHDMIで接続し、接続に必要なケーブル類が付属する。

 Tri-Screenはディスプレーのサイズが10.1型、11.6型、13.3型の3モデルがある。ジャパンネクストの直販価格は10.1型モデルが3万9800円(税込み、以下同)、11.6型モデルが4万2800円、13.3型モデルが4万9800円。例えば、13.3型モデルは13~16型ノートパソコンに向くなど、ノートパソコンのサイズによって推奨モデルがある。解像度は、13.3型モデルと11.6型モデルはともに1920×1080ドットのフルHDで、10.1型モデルは1920×1200ドットだ。

展開した状態。中央部分をノートパソコンのディスプレーにかぶせるようにして取り付ける
展開した状態。中央部分をノートパソコンのディスプレーにかぶせるようにして取り付ける
[画像のクリックで拡大表示]