全2694文字
PR

圧倒的な軽さではないが本体サイズは特徴的

 GPD P2 Maxのサイズは幅213×奥行き149.5×高さ5.5~14.2ミリ。重量は約650グラムだ。

 軽量なのは確かだが、比類なき軽さというわけではない。GPD Pocketの480グラム、GPD Pocket 2の510グラムよりは、画面サイズが大きい分重くなっている。また13.3インチのディスプレーを搭載したノートPCで最軽量クラスの「LIFEBOOK WU2/D2」(富士通クライアントコンピューティング)は698グラムなので、GPD P2 Maxとの差は50グラム程度しかない。

 上位モデルは、CPUがCore m3-8100Y 、メモリー16Gバイト、ストレージは 512GバイトのSSDを搭載。下位モデルは、CPUがCeleron 3965Y、メモリー8Gバイト、ストレージは256GバイトのSSDを搭載している。下位モデルでWebブラウジングを試してみると、重いWebページでもたつく印象があるが、それ以外は遅さを感じなかった。

 日本では2モデルとも販売予定の代理店と、上位モデルだけ販売予定の代理店があるようだ。参考までに、価格は上位モデルの場合7万6000円~7万8000円程度、下位モデルの場合5万7000円~6万2500円程度となっている。GPD Pocket 2のCore m3搭載モデルと同じか若干高い程度だ。

 つまりP2 Maxの特徴は、本体サイズということになるのではないか。8.9インチというディスプレーサイズは絶妙で、10インチのSurface Goよりさらに小さく抜群の携帯性だと思う。13.3インチや14インチのノートPCと比べると画面は狭くなるが、画面の拡大率やフォントサイズを調整すれば支障なくWindowsを操作できる。

GPD P2 Maxの右側面。USB Type-AポートとType-Cポート、microHDMIポートがある
GPD P2 Maxの右側面。USB Type-AポートとType-Cポート、microHDMIポートがある
[画像のクリックで拡大表示]
GPD P2 Maxの左側面。USB Type-Aポートとヘッドホン端子がある
GPD P2 Maxの左側面。USB Type-Aポートとヘッドホン端子がある
[画像のクリックで拡大表示]
WebブラウザーのChromeでWebページを表示したところ
WebブラウザーのChromeでWebページを表示したところ
[画像のクリックで拡大表示]