全1887文字
PR

 レノボ・ジャパンが2021年8月に発売した「Lenovo Go USB Type-C ワイヤレス マルチデバイスマウス」(以下、ワイヤレスマルチデバイスマウス)は最大3つの接続先を切り替えて使えるワイヤレスマウスだ。特徴は、モードの切り替えで、Web会議の機能を備えるコラボレーションツール「Microsoft Teams」の起動や操作ができることだ。複数の充電方法に対応しているのに加え、操作音が静かであるなど、場所を選ばずに活用できるテレワーク向きのマウスといえる。メーカー直販価格は7700円(税込み)だ。

レノボ・ジャパンの「Lenovo Go USB Type-C ワイヤレス マルチデバイスマウス」。下半分の色はグレーとブラックの2色ある。写真はグレーだ
レノボ・ジャパンの「Lenovo Go USB Type-C ワイヤレス マルチデバイスマウス」。下半分の色はグレーとブラックの2色ある。写真はグレーだ
(写真はスタジオキャスパー、記載がないものは以下同)
[画像のクリックで拡大表示]
マウス本体に、レシーバー、充電用のUSBケーブルが付属する
マウス本体に、レシーバー、充電用のUSBケーブルが付属する
[画像のクリックで拡大表示]

 重さは約75グラムで、高さ34ミリ、長さ101ミリと軽量・コンパクトで、使う人を選ばず持ち運びもしやすい。成人男性としては小さめの筆者の手にもすっぽり収まって握りやすく感じた。クリック音やホイールの回転音が静かで、テレワーク中に家族からうるさがられずに済みそうだ。

 電源は内蔵充電池で、USB-Cポートから充電する。約15分間の充電で1週間ほど使用できる急速充電が可能なほか、マウスでは珍しく「Qi(チー)」規格のワイヤレス充電にも対応している。ワイヤレス充電器を持っているなら、充電のたびにカバーを開いてUSBケーブルを取り付ける手間がかからない。

充電用のUSB端子は前面にある
充電用のUSB端子は前面にある
[画像のクリックで拡大表示]
底面に電源ボタン、Bluetoothのペアリングボタン、ワイヤレス充電の受電部がある
底面に電源ボタン、Bluetoothのペアリングボタン、ワイヤレス充電の受電部がある
[画像のクリックで拡大表示]