全4491文字
PR
Sports SmartWatchの裏側にアタッチメントを当てると充電が始まる
Sports SmartWatchの裏側にアタッチメントを当てると充電が始まる
[画像のクリックで拡大表示]

スマホを取り出さなくてもナビができる

 Sports SmartWatchをナビとして使うのは難しくない。スマホとSports SmartWatchをアプリの「Wear OS by Google」上で連携したうえで、Sports SmartWatchの音声認識か、スマホのマップアプリ上から経路案内機能を有効にする。

現在地と目的地を指定して経路案内機能をスタートする
現在地と目的地を指定して経路案内機能をスタートする
[画像のクリックで拡大表示]
スマホ上で目的地までの経路を表示する
スマホ上で目的地までの経路を表示する
[画像のクリックで拡大表示]

 するとスマホのマップ上にルートが表示される。Sports SmartWatchのディスプレー上にも、ルート案内のテキストと、「開く」というリンクボタンが表示される。このボタンをタッチすると、Sports SmartWatchの画面がマップに変わり、ルート情報が表示される。

Sports SmartWatch上でもナビを開始する
Sports SmartWatch上でもナビを開始する
[画像のクリックで拡大表示]