全2341文字
PR

 家庭用スピーカーを主力製品とする米Sonosが2022年9月に発売した「Sonos Ray」は、テレビに接続するサウンドバーと呼ばれるタイプの横長スピーカーだ。有線LANと無線LANに対応し、テレビのサウンド再生のほかにインターネットラジオを聞いたり、ワイヤレススピーカーとして自宅のネットワークを通じて音楽をストリーミング再生したりできる。

Sonosのサウンドバー「Sonos Ray」。ブラックとホワイトの2色ある。写真はブラック
Sonosのサウンドバー「Sonos Ray」。ブラックとホワイトの2色ある。写真はブラック
(写真:スタジオキャスパー)
[画像のクリックで拡大表示]

 特徴は、同社のサウンドバーとしてはコンパクトで設置場所を確保しやすい点と、接続や操作がシンプルで分かりやすい点だ。テレビの音に不満を感じているが、 AVアンプやスピーカーシステムをそろえてホームシアター環境を作るのが面倒そうで敬遠していた、といった人に向いている。また、テレビの音をグレードアップすると同時に、音楽配信やポッドキャストなどを聞くスピーカーとしても使いたい人に向く。ボディーカラーはホワイトとブラックの2色ある。同社の公式オンラインショップでの価格は3万9800円(税込み、以下同)だ。

高さ71×幅559×奥行き95mmで、AVラックの空きスペースなどに設置しやすい
高さ71×幅559×奥行き95mmで、AVラックの空きスペースなどに設置しやすい
(写真:スタジオキャスパー)
[画像のクリックで拡大表示]

 Sonos Rayは高さ71×幅559×奥行き95mm(ミリメートル)で、テレビの下やAVラックの棚などに設置しやすい。接続は簡単だ。電源に接続したら、付属する光デジタルケーブルを使ってテレビの光デジタル出力端子と接続する。これでテレビ用サウンドバーとして使用できるようになる。

 最近の一般的なサウンドバーは、光デジタル入力端子に加えてARC(オーディオ・リターン・チャンネル)やeARC(エンハンスド・オーディオ・リターン・チャンネル)対応HDMI端子を備えたものが多い。そうした製品に比べて他の機器との接続方法は限られるが、構成がシンプルで接続作業に迷わないともいえる。

電源ケーブルと光デジタルケーブルが付属する。ケーブル類を買い足す必要はない
電源ケーブルと光デジタルケーブルが付属する。ケーブル類を買い足す必要はない
(写真:スタジオキャスパー)
[画像のクリックで拡大表示]
背面にはネットワークに登録するときに使う接続ボタン、電源コネクター、光デジタル入力端子、有線LANポートがある
背面にはネットワークに登録するときに使う接続ボタン、電源コネクター、光デジタル入力端子、有線LANポートがある
(写真:スタジオキャスパー)
[画像のクリックで拡大表示]