全2677文字
PR

 ここ数年、携帯電話サービスの大規模な通信障害が相次いでいる。記憶に新しいのはKDDI(au)の携帯電話サービスで2022年7月2日に発生した通信障害だ。「au」「UQモバイル」「povo(ポヴォ)」といった同社の携帯電話サービスはもちろん、同社から回線を借りているMVNO(仮想移動体通信事業者)のサービスも含めて、音声通話やデータ通信が利用しづらくなった。

 振り返ればソフトバンクで2018年12月、NTTドコモで2021年10月に発生した通信障害も大規模だった。最近では、楽天モバイルも2022年9月4日午前から約2時間にわたり通信障害を起こしている。

 こうした事態をきっかけに昨今、2つのSIMを1台の端末で利用する「デュアルSIM」に関心を持つ人が増えているようだ。異なる携帯電話事業者のSIMを端末にセットしておけば、メインの回線にトラブルが発生しても別の回線に切り替えて通信手段を確保できるからだ。最近は対応端末の種類も豊富になっており、デュアルSIMを手軽に試せるようになった。

 筆者の手元にもデュアルSIM対応端末が複数台ある。「携帯電話事業者は通信障害対策を講じているが、再発の可能性がないとはいえない」「いつ何どき、どの携帯電話事業者で障害が発生しても怖くないよう自衛策を強化しよう」「どうせならNTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルの回線を利用して、とことんリスクヘッジしておきたい」――。筆者はこう考え、今回、2台のデュアルSIM対応端末を使って4社の回線を併用する「クアッドSIM」体制を整えることにした。

 筆者が主に使用しているのは、2022年2月にKDDIから購入した米Apple(アップル)のスマートフォン「iPhone 13 mini」だ。現在はUQモバイルのSIMを契約している。2台目は中国OPPO(オッポ)の「OPPO Reno5 A(以下、Reno5 A)」で、楽天モバイルのSIMを利用中だ。

筆者が使用している米Appleの「iPhone 13 mini」(左)と中国Oppoの「Oppo Reno5 A」。いずれもデュアルSIM対応だ
筆者が使用している米Appleの「iPhone 13 mini」(左)と中国Oppoの「Oppo Reno5 A」。いずれもデュアルSIM対応だ
(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 今回は各端末で現在使用しているSIMをメイン回線として残し、異なる携帯電話事業者の回線に対応したSIMを追加する方針とした。後者は「メイン回線が全く使えない時のバックアップとして音声通話にもデータ通信にも利用する」という使い方を想定。普段はほとんど利用しないので、料金プランはデータ通信容量が少なく月額料金が安いもので十分だ。SIMの冗長化に伴う月々の負担増をなるべく抑えるため、最低料金の安さを軸にサブ回線を選ぶことにした。

 具体的にはまず、UQモバイルのSIMをセットしてKDDI回線を利用しているiPhone 13 miniに、NTTドコモかソフトバンクの回線に対応しているSIMを追加するよう検討した。最近は複数のMVNOが最大1GB(ギガバイト)まで高速通信できて月額500円前後(税込み、以下同)の料金プランを用意している。こうしたなか最終的に選択したのが日本通信の「合理的シンプル290プラン」だ。音声通話とデータ通信に対応したSIMでNTTドコモの回線を利用でき、月間通信量が1GB以内であれば月額料金は290円で済む。