全4554文字
PR

Pixelの売りである「夜景モード」を強化

 Pixel 3シリーズから搭載され、Pixelの売りになっている「夜景モード」も強化した。夜景モードは、暗い場所でもフラッシュを使わずにきれいで明るい写真を撮影できる機能だ。従来以上に色や質感を忠実に再現しつつ、よりノイズの少ない写真を撮れるようになった。子どもやペットの寝顔を撮影したり、フラッシュ禁止の場所で撮影したりするときなど使い道が広そうだ。

かなり暗い部屋で夜景モードを使わずに撮影した写真
かなり暗い部屋で夜景モードを使わずに撮影した写真
[画像のクリックで拡大表示]
夜景モードで撮影すると、まるで明るい場所で撮影したような写真になる
夜景モードで撮影すると、まるで明るい場所で撮影したような写真になる
[画像のクリックで拡大表示]

 夜景モードの進化版といえる、星空を撮影できる「天体写真」モードも新たに搭載した。Pixel 4シリーズを夜景モードにして、三脚や岩の上などに固定してしばらく動かさないでおくと機能が自動的に有効になる。レンズ交換式カメラと明るいレンズの組み合わせでないと撮影しづらい天の川も撮影できるとしている。

 通常の撮影モードやポートレートモードなどで使える新機能「デュアル露出補正」も面白い。これは全体と暗い部分で個別に露出補正ができる機能だ。明暗差の大きい場面で撮影すると、明るい部分が白く飛んだり、暗い部分が黒くつぶれたりしがちだ。デュアル露出補正機能を使えば、肉眼で見た印象に近い写真を撮れる。

撮影画面でタップするとスライダーが表示され、全体と暗い部分で個別に露出補正ができる
撮影画面でタップするとスライダーが表示され、全体と暗い部分で個別に露出補正ができる
[画像のクリックで拡大表示]

 昼間に大きな窓の前で撮影したり、夕焼けをバックに撮影したりといった、明るい背景でのポートレート撮影に役立ちそうだ。これまでのスマホ搭載カメラだと被写体が暗く写りがちだったが、デュアル露出補正機能を使うと全体の明るさを抑えつつ、被写体の明るさを高めるように調整して撮影できる。

 大きく能力が向上したカメラ機能だが、少し気になったポイントもある。1つは最近のハイエンドスマホのトレンドになっている超広角カメラを搭載していない点だ。例えばiPhone 11 Proであれば35ミリメートル換算で13ミリメートル相当の超広角カメラを搭載しており、広い範囲を1枚の写真に収められる。後ろに下がれない場所での撮影や多人数での記念撮影などで便利に使えるので、できれば搭載してほしかった。

 もう1つは、フロントカメラがデュアルカメラからシングルカメラになった点だ。Pixel 3シリーズでは広角カメラと標準カメラを切り替えて利用できたが、Pixel 4シリーズではそうした使い方はできなくなった。