全2003文字
PR

 文章が写っている画像をGoogle レンズで調べると、文章の部分をデータとして認識し、翻訳したりパソコンに送信したりできる。

 Google レンズを印刷物に向け、アプリのメニューから「翻訳」を選択すると、文章を指定した外国語に翻訳し、元の画像に合成して表示する。Android向けの「Google レンズ」アプリには、カメラに写っている文字をリアルタイムで翻訳して表示するAR(拡張現実)のような機能もある。つまり、スマホを動かして撮影範囲を変えても、その部分を動的に翻訳して元の画像に合成するということだ。

画像中の文章を翻訳し、翻訳後の文章を元画像に合成して表示できる
画像中の文章を翻訳し、翻訳後の文章を元画像に合成して表示できる
[画像のクリックで拡大表示]

紙の資料から「レンズ」が文字起こし

 Google レンズには、読み取った文字をパソコンのクリップボードに送信する機能もある。紙の会議資料から文字を起こすときに役立つ。この機能を使うには、パソコンに「Google Chrome」をインストールして、スマホと同じGoogleアカウントでログインする必要がある。

 次に、会議資料をGoogle レンズで調べ、パソコンに送信したい箇所を選択しタップすると、下部にメニューが表示されるので「パソコンにコピー」をタップし、送信先のパソコンを指定する。すると、指定した端末のクリップボードに当該の文章が転送される。最後に、テキストエディターなどのアプリを起動して、文章を貼り付ければよい。

文章を調べて任意の文章を選ぶと、下部にメニューが表示される。「パソコンにコピー」をタップし、送信先のパソコンを選ぶと、指定した端末のクリップボードにテキスト情報を転送できる
文章を調べて任意の文章を選ぶと、下部にメニューが表示される。「パソコンにコピー」をタップし、送信先のパソコンを選ぶと、指定した端末のクリップボードにテキスト情報を転送できる
[画像のクリックで拡大表示]
転送が完了すると、パソコンに通知が表示される
転送が完了すると、パソコンに通知が表示される
[画像のクリックで拡大表示]