PR

 前回も紹介しましたように、QFD-Advancedは従来のQFD(品質機能展開)にはない2つの新しい仕組みを持っています。1つは、二元表情報の拡大と質の向上を図るための「二元表のネットワーク(基本二元表+外側二元表+二元表への情報の埋め込み)」です。もう1つの仕組みは、二元表のネットワークをたどって“いもづる式”に情報を引き出して表示する「ワークシート機能」です。

 そのそれぞれについて、詳しく説明していきます。

基本二元表と外側二元表で構成する二元表のネットワーク

 新規な概念である「外側二元表」に関して、対である「基本二元表」と合わせて説明します。図1に、基本二元表群と外側二元表群との両方を示します。オレンジ色が基本二元表、薄紫色が外側二元表です。この図全体を、二元表のネットワークと呼ぶことにします。

図1 二元表のネットワーク
図1 二元表のネットワーク
[画像のクリックで拡大表示]

 オレンジ色の基本二元表は、対象システムを整理するときに基本となる二元表を指します。5つの次元の異なる情報(緑色)をそれぞれ繋いだ4つの二元表から成っています。それらは、全てが“繋がっている”二元表群です。例えば「顧客要求品質×品質特性」の二元表(品質表)と、「品質特性×機能展開」のそれは、「品質特性」という情報を仲立ちにして相互に連携しています。

 それに対して、緑色の情報とそれ以外の情報との二元表を、外側二元表と呼びます。図1において緑色の情報は5つあって各基本二元表を構成していますが、さらにこれらと「故障モード」「誤差因子(ノイズ)」「外部規格対応」などの情報をもう1つの軸として二元表を作成できます。そうして作成した二元表が薄紫色の外側二元表です。