FMEAは、製品としての故障や品質不具合の防止を目的とした、潜在的な故障の体系的な分析方法です。DRBFMは、設計変更点や条件・環境の変化点に着目して、その影響による品質問題の発生を未然に防止するための方法です。これらの汎用技術を「QFD-Advanced」の二元表のネットワークを連携させることにより、より的確に問題発生の未然防止が可能になります。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になれば
今なら「綱渡りの楽天携帯」「Road to 6G」など
モバイル・通信関連記事が無料で読み放題!
12月22日まで
モバイル・通信関連のお薦め記事一覧

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い