全3781文字
PR

 米電気自動車(EV)大手のテスラが好調だ。「アップルカー」登場の可能性が報じられる中、米中でEVに関連する動きが活発になっている。

 テスラは2021年1月27日、同社のEV販売が今後数年間、平均50%の伸びで推移するとの見通しを明らかにした。

 同日発表した20年10~12月期の決算は売上高が前年同期比46%増の107億4400万ドル(約1兆1200億円)、純利益は同2.6倍の2億7000万ドル(約283億円)で、6四半期連続の黒字を達成した。また、20年通期の純損益は7億2100万ドル(約755億円)の黒字。上場以来通期ベースで初めて黒字となった。

 20年のEV年間販売台数は49万9647台(確報値)。年初に目標としていた「50万台超」を若干下回ったものの、前年比36%増を達成。過去最高を更新した。

テスラのEV年間販売台数推移(速報値)
テスラのEV年間販売台数推移(速報値)
(出所:ドイツStatista https://www.statista.com/chart/8547/teslas-vehicle-deliveries-since-2012/)
[画像のクリックで拡大表示]

 中国での生産能力の拡大や、コロナ禍でもいち早く経済を回復させた同国での需要急増が奏功したようだ。米ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が引用した全国乗用車市場信息聯席会(CPCA)の統計によると、テスラは20年に中国で13万8000台超販売した。同国で20年に販売されたEVは111万台。テスラは約12.5%を占めた。

 テスラが中国・上海で工場の建設に着工したのは19年1月。同工場で生産した主力小型セダン「モデル3」の一般向け納車を始めたのは20年1月だった。その後、モデル3の生産能力を増強するとともに、小型SUV(多目的スポーツ車)「モデルY」の生産ラインを構築した。

 WSJによると、テスラは21年1月18日に中国製のモデルYの納車を開始した。モデルYは同国生産のテスラ車として、モデル3に次ぎ2車種目となる。今後はモデルYも加わり、中国市場は22年までにテスラ車世界販売台数の4割超を占めるまでになると、米証券会社ウェドブッシュのアナリストは予測している。

中国事業を拡大、上海で年間生産50万台目指す

 上海工場はテスラが米国外に初めて設けた「ギガファクトリー」だ。ロイターによると、20年10月には同工場で生産したモデル3をドイツやフランス、イタリア、スイスなど欧州10カ国以上に輸出すると明らかにした。同工場の年間生産台数は20年10月末時点で25万台。ただ、同社は最終的に50万台を生産する計画だという。

 テスラの中国事業を巡っては、EV用充電器の生産を始めるとも伝えられている。中国向け充電器は現在、米国から輸入している。上海のギガファクトリー近くに640万ドル(約7億円)を投じ、年間生産能力1万台の充電器工場を建設する計画。21年1~3月期の完成を見込んでいるという。