全3545文字
PR

 米ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は2021年7月、米Apple(アップル)が米ロサンゼルスで映画やドラマ撮影用の広大なスタジオ用地を探していると報じた。アップルはすでに同市などでサウンドステージと呼ばれる映画撮影用の防音スタジオを複数リースしているが、新たな拠点はそれらを補完するものになるという。不動産開発業者と候補地について協議中で、新拠点の敷地面積は4万6400平方メートル(東京ドーム約1個分)を超える可能性があると報じている。

アップル、動画配信テコ入れ

 ここにきてアップルはエンターテインメント分野における野望を膨らませているとWSJは報じている。同社は、巨匠マーティン・スコセッシ監督の新作映画に資金を拠出している。作品は、米人気俳優のレオナルド・ディカプリオ氏とロバート・デ・ニーロ氏が共演する「キラーズ・オブ・ザ・フラワー・ムーン」で、現在オクラホマ州で撮影中。また、21年2月には話題作「CODA」の世界配給権をアップルがサンダンス映画祭史上の最高額2500万ドル(約27億6000万円)で獲得したとも報じられた。

 アップルは19年11月に有料動画配信サービス「Apple TV+(アップルTVプラス)」を開始した。これまで「ザ・モーニングショー」や「テッド・ラッソ:破天荒コーチがゆく」といった人気番組などを配信してきたが、同社には作品数が少なく、競合の米Amazon.com(アマゾン・ドット・コム)や米Netflix(ネットフリックス)に比べて事業規模が小さい。アップルは音楽配信やポッドキャスト(音声番組)で成功を収めており、これらの事業と比較しても動画配信の規模は小さいと指摘されている。

 米CNBCによると、アマゾンやネットフリックスはオリジナル作品やライセンス契約による作品がそれぞれ1000本以上ある。これに対しApple TV+のオリジナル作品は約90本にとどまる。

 アマゾンは17年にオリジナル番組制作部門のアマゾン・スタジオの規模を拡大し、その拠点をハリウッド近くの伝統的な映画・テレビ番組制作施設に移した。カリフォルニア州カルバーシティーにある「カルバースタジオ」だ。サイレント映画の名監督トーマス・H・インスによってつくられたスタジオで、「風と共に去りぬ」や「市民ケーン」などもここで撮影された。WSJによると、カルバースタジオの面積は5万7000平方メートル(東京ドーム1.2個分)で、アマゾンはその大部分を占有している。ネットフリックスはこの地域で複数の撮影スタジオを利用するほか、ニューメキシコ州アルバカーキに自前のスタジオを持つ。

関連リンク:WSJ 関連リンク:CNBC

メディア企業傘下の動画配信が次々参戦

 動画配信市場では、ネットフリックス、米Walt Disney(ウォルト・ディズニー)、アマゾンが先行している。ネットフリックスは21年7月20日の決算発表で有料会員数が2億918万人になったと明らかにした。ディズニーが19年11月に本格サービスを開始した「Disney+(ディズニープラス)」の会員数は21年6月末時点で1億1600万人になった。アマゾンのプライム会員数は2億人超。英フィナンシャル・タイムズ(FT)によると、20年に会員向け動画配信「Prime Video(プライムビデオ)」を視聴した人は約1億7500万人に上った。

 動画配信はコロナ禍の巣ごもり消費の拡大で急成長した。米国では近年「コードカッター」と呼ばれる、ケーブルテレビ契約をやめる人が急増している。数百チャンネルが用意される高額な受信契約をせず、好みの映画や番組だけを安価に利用できるインターネット経由の動画配信を選ぶ人が増えている。こうした中、既存メディアもD2C(ダイレクト・トゥ・コンシューマーズ)と呼ばれる動画配信に注力し、3社に対抗している。

 例えば、米通信大手AT&T傘下のメディア事業である米ワーナーメディアは動画配信「HBO Max(HBOマックス)」を展開している。ケーブルテレビ・衛星放送の米ディスカバリーは動画配信「Discovery+(ディスカバリープラス)」を手がける。米ケーブルテレビ最大手コムキャスト傘下のNBCユニバーサルは「Peacock(ピーコック)」を、米メディア大手バイアコムCBSは動画配信「Paramount+(パラマウントプラス)」を展開している。

米国の主な動画配信サービス
サービス名提供会社備考
Netflixネットフリックス
Prime Videoアマゾンメトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)を買収予定
Disney+ウォルト・ディズニー傘下に映画・テレビの21世紀フォックスやHulu
HBO MaxAT&T傘下ワーナーメディア(旧タイムワーナー)傘下にワーナー・ブラザース ※22年半ばにディスカバリーと経営統合し「Discovery+」も傘下に
Peacockコムキャスト(米CATV最大手)傘下NBCユニバーサル傘下にユニバーサル・ピクチャーズ
Paramount+バイアコムCBS傘下にパラマウント・ピクチャーズ
Discovery+ディスカバリーワーナーブラザース・ディスカバリー(22年半ばに合併完了予定)
関連リンク:ネットフリックス(決算資料) 関連リンク:ウォルト・ディズニー(決算資料) 関連リンク:FT