全4882文字
PR

 SNS(交流サイト)「Facebook(フェイスブック)」を運営する米Meta(メタ)が社名を変更したのは1年余り前の2021年10月28日だった。このときマーク・ザッカーバーグCEO(最高経営責任者)は、「数年内に当社はSNSの企業からメタバース(仮想空間)の企業へと変わる」と宣言。それ以降「次のコンピューター基盤を構築する」(同氏)との目標を掲げ、メタバース事業に多額の資金を投じてきた。だが同事業は赤字続きで、先行投資がかさむ状態が続いている。

 同社は22年11月9日、全従業員の約13%に当たる1万1000人超を削減すると明らかにした。04年の創業以来初の大規模リストラで、ネット広告市場の低迷や株価急落に対処するようだ。ザッカーバーグCEOは同日、従業員に対し「これは悲しい瞬間だが、回避する方法はない」と説明した。パンデミック(新型コロナの世界的な流行)中に急増したオンライン活動が、その後も続くと想定したことは間違っていたと認め、「私はその責任を負う」と述べた。

メタバース事業の赤字は2023年も拡大

 22年10月26日に開示した7~9月期のメタバース関連事業「Reality Labs(リアリティー・ラボ)」の売上高は前年同期比49%減の2億8500万ドル(約415億円)で、売上高全体に占める比率がわずか1%にとどまった。一方、同事業の営業損失は36億7200万ドル(約5300億円)で、前年同期の損失額26億3100万ドル(約3800億円)から拡大した。同社はメタバースを長年かけて育てる事業とみており、損失額は23年も拡大する見通しだ。

メタの業績の推移(2020年第4四半期~)。営業利益率が下がり続けている。Facebook/Instagram/WhatsApp事業とReality Labs(メタバース)事業の営業損益およびメタの営業利益率推移:単位10億ドル
メタの業績の推移(2020年第4四半期~)。営業利益率が下がり続けている。Facebook/Instagram/WhatsApp事業とReality Labs(メタバース)事業の営業損益およびメタの営業利益率推移:単位10億ドル
(画像:独Statista https://www.statista.com/chart/28567/meta-operating-profit/)
[画像のクリックで拡大表示]

 米CNBCによると、ザッカーバーグCEOは12年の新規株式公開(IPO)準備中に、投資家宛ての書簡で「私たちはお金を稼ぐためにサービスを構築するのではなく、より良いサービスを構築するためにお金を稼ぐ」と述べた。恐らく今後もこの信念に基づき、メタバースが成功するまでSNS事業で時間稼ぎをするのだろう。

 しかし、その糧となる広告事業に逆風が吹いている。メタが先ごろ発表した22年7~9月期決算を受け、米株式市場で同社株が急落した。ロイター通信によると、決算発表日引け後の時間外取引で約20%下落し、時価総額が約670億ドル(約9兆7500億円)消失した。メタの時価総額は21年末時点で9219億ドル(約135兆1400億円)だったが、22年10月27日には2722億ドル(約39兆9000億円)となり、わずか1年足らずで70%減少した。

関連記事 ザッカーバーグCEOの従業員宛てメッセージ 米CNBC(ザッカーバーグCEOの上場当時の声明)

 メタの直近決算をあらためて見る。22年7~9月期の売上高は277億1400万ドル(約4兆300億円)で、前年同期から4%減少。売上高は前四半期に同1%減と、上場以来初の減収を報告していたが、7~9月期は減収幅が拡大した。売上高全体の約98%を占めるネット広告事業は同4%減の272億3700万ドル(約3兆9600億円)だった。

 純利益は43億9500万ドル(約6400億円)で、前年同期から52%減少。これで4四半期連続の減益となった。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は「メタがこの10年で経験したことのないものだ」と報じた。

 メタは、景気減速による広告出稿の抑制やドル高、中国発の動画アプリ「TikTok(ティックトック)」との競争激化に直面している。加えて、22年7~9月期の広告単価は1年前に比べて18%低下した。米Apple(アップル)が21年4月に導入した、プライバシー保護を目的とする広告規制により、iPhone利用者の絞り込み精度が低下したことがその要因の1つとみられる。1年前の広告単価は前年同期に比べ22%上昇していた。

 メタのデビッド・ウェイナーCFO(最高財務責任者)によると、22年7~9月期はアップルの新ルールによる影響が緩和されたものの、広告需要の低迷がそれを相殺した。メタはドル高の影響も受けている。海外で得た収益がドル換算値で目減りした。ドル高の影響がなければ売上高はわずかに増加していたと同社は説明した。

関連記事 メタの決算資料(22年7~9月期) 米ウォール・ストリート・ジャーナル(メタの22年7~9月期決算) CNBC(メタの22年7~9月期決算)

「物言う株主」が経営改善を促す

 メタバースへの投資を縮小し、人件費を削減するよう求める「物言う株主」の声が強まっている。WSJやロイター通信は22年10月下旬、米投資会社アルティメーター・キャピタルがメタに経営改善を促したと報じた。アルティメーター・キャピタルの創業者でCEOのブラッド・ガースナー氏が、ザッカーバーグCEO宛ての書簡を公開した。この中でガースナー氏は、業務を効率化し、株価急落に対処するため抜本的な措置を講じる必要があると述べた。

 「ゼロ成長にある他の多くの企業と同様に、メタも行き過ぎに陥っている。人は多すぎ、アイデアも多すぎ、切迫感は少なすぎる。魅力を取り戻す必要がある」(ガースナー氏)。

 WSJによると、アルティメーター・キャピタルの保有株数は22年6月末時点で約250万株。約3億2000万ドル(約476億円)相当で、メタの機関投資家の上位15位には入っていない。だが、メタの本社があるカリフォルニア州メンローパークにもオフィスを構えており、長年の株主だという。

 ガースナー氏は、メタが人件費を20%削減すべきだと指摘し、「メタも含め、グーグルやツイッター、ウーバーなどが、今よりはるかに少ない人数で同程度の収益を上げられることは、シリコンバレーで公然の秘密だ」と述べた。

 メタの22年9月末時点の従業員数は8万7314人で、1年前から28%増加した。増加率は3カ月前の32%から低下している。CNBCによると、メタは決算電話会見で「一部のチームは人員を一定に保ち、他のチームは縮小し、優先度が高い分野のみ増員する」と説明した。これにより、23年末の従業員数は現在の水準とほぼ同じになると見込む。

主なネットサービス企業の従業員数
主なネットサービス企業の従業員数
メタなどの数値は22年6月末以前(画像:独Statista https://www.statista.com/chart/28521/tech-company-workforce/)
[画像のクリックで拡大表示]

 ガースナー氏はメタバースへの野心を縮小するように提言し、「そもそもメタバースが何を意味するかについて、人々に混乱が生じている」と懐疑心をあらわにした。ザッカーバーグCEOはメタバースに年間100億ドル(約1兆4700億円)以上の投資が必要だとしている。これに対しガースナー氏は「シリコンバレーの基準から見ても、非常に規模が大きく、恐ろしい」とし、投資額を年間50億ドルに抑えるよう促した。

 WSJは、メタの社内文書を基に同社がメタバース事業で苦戦しているとも報じている。それによると、メタは消費者向けメタバースの主力製品である「Horizon Worlds(ホライズン・ワールド)」について当初、月間利用者数を22年末までに50万人にする目標を掲げていた。だが最近、これを28万人へと下方修正した。月間利用者数はいまだ20万人に満たない状況。大半の利用者がほぼ1カ月で離脱し、利用者数は22年春以降減少し続けているという。

関連記事 WSJ(アルティメーター・キャピタルによる経営改善要求) ロイター通信(アルティメーター・キャピタルによる要求) アルティメーター・キャピタルのメタ宛て書簡 WSJ(メタのHorizon Worlds)