PR

美しいデザインもほとんど見られない

 僕が貧乏性だからなのだが、この美しすぎるデザインを実はほとんど見られていない。iPhone Xはずっとケースに入ったままなのだ。万一落とすと傷になることは間違いない。しかも、従来のiPhoneよりもクラッシュの危険が高いと思う。正面に加え、背面もガラスなのだから、リスクは倍と言ってもいいだろう。また、磨き上げたステンレスは、普通に持ち歩いていると確実にくすんでくるはずだ。僕にはそれが耐えられない。

 しかも、前後がガラスで周囲がツルツルのステンレスなので、滑りまくる。手が乾燥していたら、落とすリスクは非常に高いだろうし、修理も高額なはずだ――と怖くてむき出しにできない。

 結果、いつもケースに入っていて、素敵な外装はほとんど見られていない。これから、iPhone Xを手に入れる方も、キズや割れが怖いならケースに入れることをお勧めする。少なくとも、これまでに買ったどのスマホよりも強く推奨する。

 ケースに入っていても、画面の占有率が高いのは素晴らしい限りだが、最近ではそんなスマホも多くなっている。というより、この点でiPhoneは出遅れており、iPhone Xでようやく画面が大きくなったのだ。

 iPhone Xは高級すぎるし、大人すぎてカジュアルに使いたいユーザーが近寄ってこなかったのだと思う。もちろん、僕としては、このデザインは大好きだ。

iPhone Xはいつもケースに入ったままなのが残念
iPhone Xはいつもケースに入ったままなのが残念
[画像のクリックで拡大表示]