PR

 建設分野の職務や業務は多岐にわたっており、建設部門の11の選択科目を明確に線引きすることは困難です。実際の業務について考えると、経験や経歴が複数の選択科目に該当するケースが多いわけです。

この記事は日経コンストラクション技術士試験対策会員限定です