PR

 現在、幾つもの原子力発電所が、再稼働に向けて新規制基準にかかわる適合性審査を申請している。新基準に基づいて厳しい安全対策を施しているものの、万が一過酷事故が起こった場合どうなるのか。原子力開発の経験を持つ桜井氏が、過酷炉心損傷事故対応能力の重要性と緊急性について考察する。

この記事は有料会員限定です

【SE応援割開始】月額プランは8月末まで無料

>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【SE応援割開始】月額プランが8月末まで無料!