PR

体感しないと分からない

 Yデスクによると、環境省が「COOL CHOICE ZEH体験宿泊事業」という取り組みをしており、全国10カ所のZEHモデルハウスで一般の人を対象に体験宿泊の希望者を募っているらしい(実施期間は17年12月から18年2月。この記事の執筆時点では、すでに終了している)。

環境省はZEHに体験宿泊できるイベントを実施(出所:環境省)
環境省はZEHに体験宿泊できるイベントを実施(出所:環境省)
[画像のクリックで拡大表示]

 その資料を示しながら、こう言ったのだ。


Yデスク:この機会に省エネ住宅の1つであるZEHに泊まってみませんか。省エネ住宅の必要性を顧客に伝えるためのヒントを見つけ出せたら、ワタナベさん、講演やら執筆やらで引っ張りだこになるかもしれませんよ。

ワタナベ:!!!!


 この手の企画は嫌いじゃない。いや、むしろ、がぜんやる気が出てきた。でも、ただ泊まるだけじゃ「熟睡して終わり」ということにならないだろうか。どうすれば省エネ住宅の真の姿を確認できるのか…。


Yデスク:考えていても仕方がないので、とりあえず宿泊予定のモデルハウスに下見に行きましょう!


 なら話は早い。というか、既に筆者が泊まる前提でことは進んでいたとは…。

 かくして、省エネ住宅を知るために体験宿泊をすることになった筆者、ワタナベ。ライター人生25年で鍛え抜いたこの目で、省エネ住宅の本性を暴いてやろうじゃないか。

 次回は、体験宿泊をする省エネ住宅のモデルハウスを下見しつつ、ポイントを見いだす糸口を探っていく。