PR

 2017年10月にリリースされたWindows 10の大型アップデート「Fall Creators Update」をパソコンに実装すると、これまで「ベータ版」という扱いだった「Windows 版Linux」が、遂に正式版として実装されるようになります。

 「Windows 版Linux」や「Bash on Windows」、「Bash on Ubuntu on Windows」などと呼ばれているものは、すべてWindows 10が持つ「Windows Subsystem for Linux」(WSL)という機能で実現しています。

 WSLとは、通常のLinuxマシンで動作しているLinuxカーネルの代わりとなる機能です。ちょっと難しくなりますが説明すると、Windowsカーネル上のドライバを介し、LinuxのシステムコールをWindows APIに変換する処理を実行するエミュレーションレイヤーなのです。だからこそ、Linuxアプリケーションがバイナリーの変更や再コンパイルなしに、Windowsマシンでもそのまま動作するわけです。

 このWSLは、これまで「ベータ版」として主に開発者向けに提供されていました。それが2017年10月17日にリリース予定のWindows 10の次期アップデート「Fall Creators Update」で、一般ユーザーにも公開されるのです。Windowsユーザーも、この機会にぜひLinuxを使いこなしてみましょう。

まずは使ってみよう

 それでは、早速使ってみましょう。インストール方法ですが、Windows 10 Fall Creators Updateのリリース以前と以後では、手順が少しだけ異なります。リリース以前は、

手順1 WSLの有効化
手順2 開発者モードの設定
手順3 Linuxディストリビューション(Ubuntuのみ)をコマンドラインでインストール

 一方リリース後の手順は、

手順1 WSLの有効化
手順2 UbuntuなどのLinuxディストリビューションをWindowsストアからインストール

 手順が一つ省かれ、Linuxディストリビューションのインストールも簡略化されています。ここではFall Creators Updateを適用した後を想定して手順を解説します。ただし、WSLを有効化できるのは64ビット版Windows 10のみです。32ビット版は残念ながら対応していません。

手順1 WSLの有効化

 Windowsデスクトップのスタートボタン(Windowsロゴマーク)の上に、マウスのカーソルを合わせてください。右クリックでメニューを表示し、「Windows PowerShell(管理者)」をクリックします。

スタートボタンから「Windows PowerShell(管理者)」を起動
スタートボタンから「Windows PowerShell(管理者)」を起動
[画像のクリックで拡大表示]

 「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」というメッセージが表示されるので「はい」をクリックします。PowerShellの端末画面が起動したら、次のコマンドを実行します。


> Enable-WindowsOptionalFeature -Online -FeatureName Microsoft-Windows-Subsystem-Linux

 これでWSLが有効になり、Linuxを実行できるようになります。

手順2 Linuxのインストール

 WSLは、あくまでもWindowsでLinuxを実行するための環境を提供するものです。Linuxコマンドを実行するには、Linuxディストリビューションをインストールする必要があります。Linuxディストリビューションは、Windowsストアで配布されています。記事執筆時点(2017年9月28日)では「Ubuntu(16.04 LTS)」「openSUSE Leap 42」「SUSE Linux Enterprise Server 12」の三つが公開されています。今後、「Fedora」も追加される予定です。

 ここではUbuntuを例に紹介しますが、ほかのLinuxディストリビューションでも手順は同じです。Windowsストアを開いて「ubuntu」で検索すると、カテゴリー「アプリ」のなかに「Ubuntu」が表示されるのでクリックします。さらに「入手」ボタンをクリックするとインストールが実行されます。

 インストールが完了すると、「入手」の表示が「起動」に切り替わるので、それをクリックしてください。Ubuntuのコマンド入力を受け付ける端末画面が起動します。初回起動時だけ初期設定の画面が表示されます。端末画面を起動して少し待つと、ユーザーIDとパスワードの設定を求められます。画面の指示に従って設定してください。

初回の起動時にユーザーIDとパスワードを作成する
初回の起動時にユーザーIDとパスワードを作成する
[画像のクリックで拡大表示]

 初期設定が完了すれば、通常のUbuntuと同じように利用できます。最初はOSの状態を最新版にアップデートしておくとよいでしょう。


$ sudo apt update 
$ sudo apt upgrade -y

 sudoコマンドは、初回の実行時にパスワード入力を求められます。先ほど設定したパスワードを入力してください。終了するにはウインドウの「閉じる」ボタンをクリックするか、次のコマンドを実行します。


$ exit

 再びUbuntuを起動するには、スタートメニューで「Ubuntu」をクリックすれば端末画面が起動します。Ubuntu、openSUSE、SUSE Linuxは個別にインストールできますし、同時に実行可能です。

UbuntuとopenSUSEを同時に起動できる
UbuntuとopenSUSEを同時に起動できる
[画像のクリックで拡大表示]