PR

 アメリカの筆者の仕事場には、さまざまな国からやってきたエンジニアやアナリスト、バイヤーがはびこっている。さすがに多文化、多言語の国である。会議はもちろん英語だが、アメリカ国籍の人を含めて英語を母国語としない参加者も多い。進行速度が遅い、もしくは多少の誤解が生じても暗黙のうちにスルーしながら結論に達している、というようにも思えてしまうのだが、実際にはもちろんそんなことはない。

 アメリカ人の耳は、どんなアクセントでも受け入れ、理解しようとする方向へ自然と舵を切るように訓練されてきており、その柔軟さは聞きしにまさる。なるほど“United”な国であることを感じさせる。その一例が、日系企業に勤めているアメリカ人が日本人と話すときの様子である。日本人の英語を、英語というより他言語の1つとして捉えているのではないか、と思わせるときがあるのだ。

 ご存じの通り、日本語と英語では、同じことを表現するのでも単語の順番が異なる。それに英語に主語は必須だが、日本語では口を開くたびに主語を付ける必要はない。そのため日本人の英語は、しばしば単語の順番が日本語のようになったり、単語間の相づちが日本語になってしまったりという、いわゆる「ジャングリッシュ」になりがちだ。そういう癖のある言葉であっても、彼らはあるがままに受け入れ、理解してくれる。

 その能力が特に高い人が相手だとつい、自分の英語表現や、英語での専門用語の使い方が上達したような気分になることがある。例えば仕事上での通訳で、専門用語を使って表現したことに対して“Oh, I see, I got it.”とにっこりした反応が返ってくる。自分がしっかりと仕事をした、仕事上の内容を的確に表現できたという自信に繋がるのだが、そう思って喜んでいると、後日別の相手に対して同じように通訳してもうまくいかずに、がっかりすることがある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い