全846文字

1年前、2年前、3年前それぞれの今週、どんな記事が読まれていたか――。過去3カ年分の同時期記事ランキングから、振り返ってみましょう。忘れていたあんなことやこんなことから、新たな発見があるかもしれません。

 1月28日~2月3日のアクセスランキング1位は、2018年が「太陽光なしもOK、ZEHの新戦略が明らかに」、2017年が「日本初の木造5階建てに大規模木造の期待膨らむ」、2016年が「畳数だけで大丈夫?間違いだらけのエアコン選び」でした。1月31日~2月6日にかけて、本記事で紹介している記事すべてを無料で読めます。

2018年1月28日(日)~2月3日(土)

太陽光なしもOK、ZEHの新戦略が明らかに

綿密な設計者選定プロセスに山本理顕氏が驚き
巨大空港施設「ザ・サークル」に見るスイス建築事情(前編)

エアコンや食洗機で火災、リコール相次ぐ

木造3時間耐火で大臣認定、超高層にも適用可
シェルターが柱・梁で取得

鼻隠しや破風板の納まりも残念
事例で分かる雨漏り修理のツボ

2017年1月28日(土)~2月3日(金)

日本初の木造5階建てに大規模木造の期待膨らむ
記者の目 2時間耐火建材の開発で中高層木造が可能に

尼崎パーキングの公開コンペで納谷学氏が当選

築200年を耐震化、清水次郎長の生家修復が始まる

不動産活用をBIMで支援、既存ビルのコストも丸裸に
スターツが仕掛ける建築・不動産のデジタル革命

Q.4月に始まる「省エネ適判」、対象となる規模は?
ニュースがわかる建築時事クイズ

2016年1月28日(木)~2月3日(水)

畳数だけで大丈夫?間違いだらけのエアコン選び
松尾和也の脱!なんちゃって省エネ住宅

「新国立」設計契約締結、くすぶるザハ問題
大成・梓・隈JVと約25億円で契約

住民投票で縮小、それでもくすぶる新城市新庁舎
ECIの施工候補者も協力し工事費2割減

プロポ応募条件に予算超過時の設計修正
静岡県、コスト管理徹底で設計者にも責任求める

「新国立」再起動、隈研吾氏激白
編集長が語る日経アーキテクチュアの見どころ