1年前、2年前、3年前それぞれの今週、どんな記事が読まれていたか――。過去3カ年分の同時期記事ランキングから、振り返ってみましょう。忘れていたあんなことやこんなことから、新たな発見が見つかるかもしれません。

 11月12日~11月18日のアクセスランキング1位は、2017年が「世界遺産の景勝地にMAD設計の住宅群」、2016年が「安藤忠雄氏の“立体迷宮”に感嘆の声」、2015年が「三井住友建設会見『旭化成建材を信用したことにぬかり』」でした。

2017年11月12日(日)~11月18日(土)

世界遺産の景勝地にMAD設計の住宅群
中国・黄山の湖畔に10棟を建設

首長の「ちゃぶ台返し」は合法か
徳島市・新町西地区再開発訴訟にみる事業推進の難しさ

安藤建築が世界で評価される理由、藤森照信氏
建築関係者が見た安藤忠雄の実像(1)

東京五輪のDB3施設で整備費増

シミ跡の真犯人は一体…?(前編)
突撃!ゲンバ検証隊

2016年11月12日(土)~11月18日(金)

安藤忠雄氏の“立体迷宮”に感嘆の声
イケフェス2016ルポ(1)「日本橋の家」

安藤忠雄氏の「打ち放し一元論」に苦言
安藤特集余話(2)竹中工務店時代に安藤氏と出会った出江寛氏

木くずや投光器だけじゃない、ダウンライトの住宅火災にも注意を

英テート・モダン増築、旧燃料タンクが展示空間に
アラップ・トータルデザインの舞台ウラ(46)

「ブラック扱い」より「受注減」を選ぶ理由
記者の目

2015年11月12日(木)~11月18日(水)

三井住友建設会見「旭化成建材を信用したことにぬかり」

住宅の強度不足はこうして発覚した、県民共済住宅

イケフェス(2)村野藤吾の傑作手すりに酔う

木造+RC造の地産地消オフィスビル
本場ドイツに飛び込め!金田真聡の環境建築

クローバーが生い茂る「新国立」予定地
解体終えた旧国立競技場の跡地を初公開

11月11日に国土交通省で三井住友建設の記者会見が開かれた。左から君島章兒管理本部長、永本芳生副社長、相良毅建設本部副本部長(写真:日経アーキテクチュア)