全682文字

 1年前、2年前、3年前それぞれの今週、どんな記事が読まれていたか――。日経 xTECH建築・住宅面、過去3カ年分の同時期記事ランキングから振り返ってみましょう。忘れていたあんなことやこんなことから、新たな発見があるかもしれません。

 11月18日~11月24日のアクセスランキング1位は、2018年が「由布院駅前に森のような空間、設計は坂茂氏」、2017年が「NYの『幻の地下鉄』、90年の時を経て開通」、2016年が「『そうだったのか』、今年も村野藤吾の手すりに酔う」でした。本日11月21日から11月27日にかけて、本記事で紹介している記事すべてを無料で読めます。

2018年11月18日~11月24日

由布院駅前に森のような空間、設計は坂茂氏

富岡製糸場からヒント、斜め格子で長さ60mの無柱空間

ブロック塀倒壊は「施工不良」が原因、大阪北部地震の女児死亡事故

レトロ超高層ビルに大金を投じる「リポジショニング」とは何か?

680億円かけてニューヨークのレトロ超高層ビルをペイ事務所が大改修

2017年11月18日~11月24日

NYの「幻の地下鉄」、90年の時を経て開通

続・もしも建築界に安藤忠雄がいなかったら

目標は「ハワイ」、森トラストが仕掛ける沖縄リゾート開発

安藤忠雄は現代の宮大工だ、石山修武氏

シミ跡の真犯人は一体…?(後編)

(写真:© Charles Aydlett courtesy AECOM-Arup JV)
(写真:© Charles Aydlett courtesy AECOM-Arup JV)

2016年11月18日~11月24日

「そうだったのか」、今年も村野藤吾の手すりに酔う

安藤忠雄氏に怒られながら建築家の基本を体得

断熱~気密~パッシブと進化する工務店の省エネ住宅

UFOが浮かぶ円形オフィスへ

戦略は“わらしべ長者”に学べ!<前編>

(写真:日経アーキテクチュア)
(写真:日経アーキテクチュア)