全5754文字

 2020年に約4万8000人のAI(人工知能)人材が不足する――。経済産業省が2016年に公表した「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」は、AI人材の大幅な不足を指摘している。先進各国がAIの活用に国を挙げて取り組む中、日本でもAI人材の育成が急務となっている。日経BP総研 ビジネスAIセンターが実施した「AIスキル関連調査」では、AIの活用に関連する層を対象として、人材の状況、AI活用の実態や必要なスキルを調べた。その結果、国内におけるAI人材・スキルの実態が見えてきた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い