全5754文字

開発現場にもユーザー企業にも課題あり

 調査の結果、国内のAI人材は年々急増中だが、人材育成の環境は整っていないことが明らかになった。統計やアルゴリズム、データ分析のスキルがある人材が開発現場に必要だが、各人が独自に習得を進めている。AIはもはや1分野ではなく、すべての業種およびアプリケーション/サービスに関連する汎用技術だ。現場でプロジェクトをリードしながら人材の育成も可能な熟練AI人材が重要性を増している。一方、ユーザー企業側のAI人材にも課題がある。経営層はAIへの理解が足りず、それが開発への足かせになっている。経営と開発を結ぶ人材の育成も急務だろう。AIの可能性や問題点を理解し、各企業での必要性を見極められる人材が必要だ。