全2473文字
PR

手のひらで音を感じる筒

 パナソニックは2019年4月、イノベーション推進部門内に新組織「デザイン本部」を立ち上げた。新規事業を生む組織にデザイン組織を加えることで、企業やこれからの生活の未来を、より具体的な姿で作り出そうとしている。

 なかでも、デザイン本部主導のイノベーションは、外部企業との連携事例が多いのが特徴的だ。自社が持つ技術を活用して、企業内のインハウスデザイン部門のデザイナーがプロトタイプを作る事例は数多くあった。しかし、パナソニックでは、これまで自社だけで閉じていた未来創造にはなかった、新しい視点からの「気づき」を外部企業に求めているのが特徴だ。

 例えばこの11月8日から、京都の老舗・開化堂の職人技術が生み出した真鍮製の茶筒を使ったワイヤレススピーカー「響筒」を30万円で発売開始した。パナソニックは2015年から、京都の若手伝統工芸士と同社のデザイナーとが、日本の感性や昔ながらの技術を生かした未来の家電の共同研究を行うプロジェクト「Kyoto KADEN Lab.(京都家電ラボ)」を展開しており、そこで開発していたプロトタイプの1つがこの響筒。これは数々の世界的なデザイン賞を受賞。それに伴って製品化のニーズが高まり、2019年にようやく発売にまでこぎつけた。

パナソニックと京都の開化堂が共同開発したワイヤレススピーカーの「響筒」
パナソニックと京都の開化堂が共同開発したワイヤレススピーカーの「響筒」
[画像のクリックで拡大表示]

 この他にも、デザインをハブとして多種多様な企業との協業を、パナソニックは積極的に展開している。テクノロジー系企業やベンチャーと協業し、撮影した画像をAIで分析して映った植物や動物、虫が何かを声で知らせてくれるという子供向けの教育用IoT家電「PA!GO」もその1つ。同社では、そのプロトタイプの開発キットをさまざまな開発者向けに提供し、この製品の応用や新たな使い方を模索する予定だ。

子供向けの教育用IoT家電「PA!GO」
子供向けの教育用IoT家電「PA!GO」
[画像のクリックで拡大表示]

 デザインをハブに多様な企業との協業を展開し、生活スタイルや感性に訴えるプロダクトのあり方や技術の新たな楽しみ方を模索するなど、技術的な「スペック」に頼らないものづくりを行う。企業レベルでデザインを活用する「デザイン経営」が求められる現在、既存の商品の色や形を整えるという、これまでとは異なる未来を生み出すためのデザイン活用が実を結び始めている。