PR
日経AutomotiveのDisassembly Report「プリウスのシステムを大幅に小型化 トヨタ自動車『アクア』(上)」の転載記事となります。

 今回の分解レポートはトヨタ自動車の小型ハイブリッド車「アクア」を紹介する。車両の分解は、埼玉県産業振興公社の次世代自動車支援センター埼玉が主催する車両分解研究活動の一環として実施された(図1)。アクアのハイブリッドシステムは、2代目プリウスに搭載した「THSII」を基本にして、小型車への搭載を可能とするために、大幅に改良を施した。エンジンは、2代目プリウスと同じ排気量1.5L直列4気筒エンジンを採用するが、2モーター方式のハイブリッドシステムを徹底的に小型・軽量化した。

図1 トヨタ自動車「アクア」の分解風景
図1 トヨタ自動車「アクア」の分解風景
埼玉県産業振興公社次世代自動車支援センター埼玉が主催し、さいたま自動車大学校内の整備工場で実施した。
[画像のクリックで拡大表示]