PR
日経AutomotiveのDisassembly Report「プリウスのシステムを大幅に小型化 トヨタ自動車『アクア』(上)」の転載記事となります。

 トヨタ自動車の小型ハイブリッド車「アクア」は、エンジン補機に3代目プリウスと同様、電動ウオーターポンプを採用した(図6)。これにより、例えば高回転域での駆動損失を抑えながら、冷却水流量を使用状況に応じて細かく制御できるようになった。電動化によって冷却水の最大流量は50%低減できたといい、駆動損失をベルト駆動のウオーターポンプから大幅に抑えている。

図6 電動ウオーターポンプ
図6 電動ウオーターポンプ
プリウスと同様にアイシン精機製の電動ウオーターポンプを搭載。ベルト駆動を廃止することで、駆動損失を低減できた。また、冷却水流量を使用状況に応じて制御することで暖機時間も早められる。
[画像のクリックで拡大表示]

 さらに電動化のメリットとして、ベルトレイアウトの制約を受けないことから、ウオーターポンプの搭載位置の自由度も高まった。ポンプとともにエンジンマウントのブラケットを移動させることで、エンジン全長は20mm短くできた。

 アクアはクールドEGRを採用してポンピング損失を減らして熱効率を高めている。ガス温度低減のために、EGRクーラーの冷却フィン構造では、個々のフィンをずらして配置するといった設計変更により、単位体積当たりの放熱率を向上させ、小型化を実現した(図7)。JC08モードでは2代目プリウスからEGRの作動域を17.5%拡大している。

図7 EGRバルブ
図7 EGRバルブ
アクアに採用されたクールドEGRシステムは、2代目プリウスに比べてJC08モードにおける作動域が17.5%拡大した。
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料