「炒め調理」の使い勝手も大きな魅力

 筆者は以前からフライパンや鍋を使って直火で料理をしてきた。このため、長時間おまかせで調理してくれる煮物はともかくとして、炒め物に電気調理鍋を使うことには正直疑問を感じていた。しかし実際に使ってみると、よほど手際のいい人には不要かもしれないが、それ以外の人にはかなり使い勝手がいいのではないかと感じられた。

 最も大きなポイントは「温度を一定に保ってくれる」というところだ。「Saute(炒め調理)」の初期設定は、Lowが101℃、Medが169℃、Highが174℃で、MedとHighの温度が近いのが気になるところではある。しかし設定温度まで自動的に加熱した後は、その温度をキープしてくれるので、フライパンを直火で温める場合と違って「空だき」の心配がない。

 鍋底が設定温度まで上がるのに時間はかかるものの、その間に肉や魚、野菜を切るなど調理の準備を進めればいい。フライパンだと準備を済ませてから火を付けるという形になるだろうが、Instant Potなら空だきの心配がないため、慌てずに準備を進められる。

 Saute機能を使ってサーモンのムニエルを作ってみた。ムニエルはバターのみ、もしくはサラダ油とバターを同量程度使って加熱するのだが、難点はバターが焦げ付きやすいことだ。「Med(169℃)」でしばらく加熱した後、焦げそうになったら温度を下げる(一度Cancelボタンを押してから再度「Saute」を選ぶ必要がある)などすれば、失敗せずに作れるはずだ。

下味を付けて小麦粉をまぶしたサーモンの切り身をサラダ油とバターで炒める
下味を付けて小麦粉をまぶしたサーモンの切り身をサラダ油とバターで炒める
[画像のクリックで拡大表示]
焦げ付きそうになったら温度を下げるといい
焦げ付きそうになったら温度を下げるといい
[画像のクリックで拡大表示]
サーモンのムニエルが完成したところ
サーモンのムニエルが完成したところ
[画像のクリックで拡大表示]