全2448文字

 フードテックとスマートキッチンの重要な要素の1つが、調理家電などのハードウエアだ。既に成熟しきったかに見えた調理家電市場に新風が吹き込まれ、新製品や新規事業の開発に大手企業やスタートアップ企業がしのぎを削る。「食&料理×サイエンス・テクノロジー」をテーマにしたカンファレンス「スマートキッチン・サミット・ジャパン(SKSJ) 2019」(2019年8月8〜9日、東京都)では、講演会場の横にスマートキッチン関連の機器が展示された。今後の調理家電では、インターネット上のレシピやコミュニティーとの連携が鍵を握りそうだ。

レシピを理解し手伝ってくれる家電

 来場者の大きな関心を集めていたのは、料理レシピコミュニティーの運営などを手掛けるクックパッドのブースだ。同社は2018年5月にスマートキッチンプラットフォーム「OiCy(オイシー)」を発表し、2018年開催のSKSJ 2018ではキッチンの自動化レベルを定義する「スマートキッチンレベル」や、同社が提供するレシピをさまざまな機器で読めるようにする「MRR(Machine Readable Recipe)」を発表した(関連記事)。それらを踏まえた上で、スマートフォンとさまざまな調理機器がどのように連携するのかをデモしていた。

クックパッドのデモが注目を集める
クックパッドのデモが注目を集める
SKSJ 2019の展示コーナーで多く来場者の注目を集めたクックパッドのブース(撮影:安蔵 靖志)
[画像のクリックで拡大表示]

 スマホのアプリケーションソフトウエア(アプリ)でレシピを開くと、連携する4つの機器にレシピの内容が自動転送され、調味料や水の分量、加熱時のワット数(出力)や加熱時間などがセットされる。レシピを容易に再現でき、手軽に調理を進められる。

シャープのオーブンレンジ「ヘルシオ」と連携
[画像のクリックで拡大表示]
シャープのオーブンレンジ「ヘルシオ」と連携
[画像のクリックで拡大表示]
シャープのオーブンレンジ「ヘルシオ」と連携
スマホアプリでレシピを開くと(写真左)、オーブンレンジにレシピが表示される(写真右)。昨年のSKSJ 2018でスマートキッチン連携を発表したシャープのヘルシオを使ってデモが行われた。装置は試作機で、実用化は未定という(撮影:安蔵 靖志)
計量の手間を省略
[画像のクリックで拡大表示]
計量の手間を省略
[画像のクリックで拡大表示]
計量の手間を省略
調味料サーバーの「OiCy Taste」でレシピ通りに計量された調味料を抽出し(写真左)、ウオーターサーバーの「OiCy Water」で指定された硬度の水を吐出する(写真右)(撮影:安蔵 靖志)

 今回展示したOiCyサービスのポイントは、「調理中の自分の行動が自動的に記録され、気付きを与えてくれる」ことだ。例えば、レシピで「500Wの電子レンジで2分半」と示されている加熱条件を、ユーザー側が1000Wで1分半と手動設定すると、レシピ側にも反映されて自動的に記録される。メモを残すこともできるため、後で同じレシピを見返したときに、そのレシピの使い勝手や味の評価などを思い出せる。そのため、「次は調味料の分量を変えてみよう」といったアレンジにもつなげられる。

現実に変更した手順をレシピに反映
[画像のクリックで拡大表示]
現実に変更した手順をレシピに反映
[画像のクリックで拡大表示]
現実に変更した手順をレシピに反映
レシピでは「500W、2分半」とされていたが、違う加熱条件を選ぶと(写真左)、レシピ側にその変更が反映されて表示される(写真右)(撮影:安蔵 靖志)
機器とレシピの連携によりオムライスを調理
機器とレシピの連携によりオムライスを調理
デモでは、最後にスマートIHクッキングヒーターでオムライスを作り上げた(撮影:安蔵 靖志)
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い