全3229文字
PR

 ダイソンは2019年11月14日、加湿空気清浄ファン「Dyson Pure Humidify+Cool」を発表した。発売は11月29日で、価格はオープン。実勢価格は8万円前後。

ダイソンが2019年11月29日に発売する加湿空気清浄ファン「Dyson Pure Humidify+Cool」(実勢価格8万円前後)
ダイソンが2019年11月29日に発売する加湿空気清浄ファン「Dyson Pure Humidify+Cool」(実勢価格8万円前後)
[画像のクリックで拡大表示]

 ダイソンは空気清浄ファン「Dyson Pure Cool」を2015年4月に、同年10月には超音波式加湿器「Dyson Hygienic Mist」を発売したが、加湿器と空気清浄ファンを一体化したモデルは初となる。加湿器の方式は従来の超音波式ではなく、一般的な加湿空気清浄機に採用されている気化式を採用した。

 Dyson Pure Humidify+Coolは日本での発売を皮切りに、2020年上半期には中国や韓国、北米での販売開始を予定している。

 ダイソン 空調製品カテゴリー グローバル・カテゴリー ディレクターを務めるチャーリー・パーク氏は「日本の皆様は空気に対する意識が高く、これからインフルエンザの流行や受験シーズン、花粉シーズンなどを控えていることで、まさにこのタイミングでの発売となった」と語る。

ダイソン 空調製品カテゴリー グローバル・カテゴリー ディレクターを務めるチャーリー・パーク氏
ダイソン 空調製品カテゴリー グローバル・カテゴリー ディレクターを務めるチャーリー・パーク氏
[画像のクリックで拡大表示]

 Dyson Pure Humidify+Coolは本体下部に給水タンクを搭載している。加湿する水はタンクから吸い出されて加湿フィルターまで送り出される間に、UV-C(紫外線)ライトによって殺菌される仕組みになっている。従来は殺菌に約3分の時間がかかっていたが、新モデルでは高反射素材のPTFEチューブを採用し、チューブの中をUV-Cライトを何度も反射させることで瞬時に殺菌が可能になった。

給水タンクからの水がPTFEチューブ(写真の紫色の部分)を通るときにUV-C(紫外線)ライトが照射される。PTFEチューブは光を反射しやすいため、瞬時に水を殺菌できるとのことだ
給水タンクからの水がPTFEチューブ(写真の紫色の部分)を通るときにUV-C(紫外線)ライトが照射される。PTFEチューブは光を反射しやすいため、瞬時に水を殺菌できるとのことだ
[画像のクリックで拡大表示]

 ダイソン アドバンスド リサーチ サイエンティストのジェム・マクラキー氏はこの仕組みを作り上げるまでに「約5年間の研究を費やした」と語る。

 「給水タンクからの水がチューブを通過する際にUV-Cライトを当てて殺菌するが、各種の試験を何度も繰り返してようやくUV-Cライトを内部でよく反射するPTFEチューブにたどり着いた」(マクラキー氏)

「3Dプリンターによるプロトタイピングを何度も繰り返し、この形にたどり着いた」とマクラキー氏は語る
「3Dプリンターによるプロトタイピングを何度も繰り返し、この形にたどり着いた」とマクラキー氏は語る
[画像のクリックで拡大表示]

 殺菌された水は加湿フィルターによって気化される。加湿フィルターの3Dエアメッシュには銀をより合わせた糸が6ミリ間隔で織り込まれており、Ag+(銀イオン)の抗菌作用によってフィルター上での細菌の増殖を防ぐ仕組みになっている。給水タンクの容量は約5リットルで、加湿能力は約350ml/h。最長約36時間の連続加湿(風量1の場合)が可能だ。

 「UVライトで殺菌された水は加湿フィルターを通って気化するものあるが、一部はリサイクルしてタンクに戻る。加湿フィルターではAg+(銀イオン)の技術によって細菌が増殖しないようにしており、タンクと加湿フィルターを循環するほど水がきれいになっていく」(マクラキー氏)

 本体前面中央部には液晶ディスプレーを搭載し、室温や湿度、PM2.5(粒径2.5μm以下の微小粒子状物質)やVOC(揮発性有機化合物)、NO2(二酸化窒素)などの濃度をディスプレーにグラフ表示できる。Wi-Fiを内蔵しており、スマートフォンアプリで遠隔操作したり、室内の空気の質をアプリから確認したりできる。

本体前面中央部には液晶ディスプレーを搭載し、さまざまな情報を表示できるようになっている
本体前面中央部には液晶ディスプレーを搭載し、さまざまな情報を表示できるようになっている
[画像のクリックで拡大表示]
スマートフォンアプリで空質情報を見たり、遠隔操作したりできる
スマートフォンアプリで空質情報を見たり、遠隔操作したりできる
[画像のクリックで拡大表示]

 給水タンクはワンタッチで引き出し、フタを開けるだけで吸水ができるようになっている。タンクの底がフラットになっており、洗いやすいのも特徴だ。

給水タンクを引き出したところ。フタを開けるだけですぐに給水できる
給水タンクを引き出したところ。フタを開けるだけですぐに給水できる
[画像のクリックで拡大表示]