PR
全2168文字

 米ラスベガスで開催された「CES 2020」で、CES 2019に引き続き、筆者が注目したのは「FoodTech(フードテック)」だ(関連記事)。CES 2020では残念ながらFoodTechをまとめたコーナーはなかったが、CES 2020の関連イベントとして「FoodTech Live @ CES 2020」が開催された。この模様と合わせて、CES 2020でのフードテックを紹介していきたい。今回はその前編である。

【調理家電】火加減制御は当たり前、ブレンダーや秤も内蔵

 フードテックの花形と言えるのがシャープの「ヘルシオ ホットクック」のような自動調理家電だろう。スマートフォンと連携したレシピの検索と、調理設定ができる家電は日本メーカーからも多数販売されているが、海外製品はさらにその先を行く。

 ドイツ フォアベルク(Vorwerk)の「Thermomix TM6」は炊飯や煮物、炒め物のほか、低温調理やスロークッカーなどさまざまな調理機能を搭載しているだけでなく、ブレードを付け替えることでブレンダーとしても使える。本体にデジタルスケールも内蔵しており、タッチパネルディスプレーとジョグダイヤルなどで操作しながらレシピに従って調理を進められるようになっている。

FoodTech Liveに出展していたフォアベルクの「Thermomix TM6」
FoodTech Liveに出展していたフォアベルクの「Thermomix TM6」
[画像のクリックで拡大表示]
Thermomix TM6のタッチパネルの画面
Thermomix TM6のタッチパネルの画面
[画像のクリックで拡大表示]

 香港TechPalの「JULIA」もフォアベルクのThermomixと同様にブレンダー機能やスケールを内蔵した多機能スマート調理家電である。スマートキッチンハブと呼ぶタブレット端末を使ってレシピの検索や調理が進められるようになっている。スマートキッチンハブを持ち出すことで、家の中のどこにいても調理状況を確認できるというのがThermomixとは大きく違う点だ。

CES 2020 Innovation Awardを受賞したTechPalの「JULIA」。2020年第3四半期以降の発売予定で、価格は1000ドル以下を予定している。左側のタブレット端末は、本体と分離している
CES 2020 Innovation Awardを受賞したTechPalの「JULIA」。2020年第3四半期以降の発売予定で、価格は1000ドル以下を予定している。左側のタブレット端末は、本体と分離している
[画像のクリックで拡大表示]

 米ワールプール(Whirlpool)は、以前からレシピサイトの米Yummlyを利用したスマートオーブンを展開しているが、CES 2020ではYummlyのスマート温度計と連携したオーブン調理機能をアピールした。米MEATERもFoodTech Liveでスマート温度計「MEATER+」を展示していたが、こちらはオーブンとの連携機能はなかった。ワールプールのようにオーブンと温度計が連携して自動調理してくれれば、料理の手間が軽減される。

ワールプールのオーブン。鶏肉に温度計が刺さっているのが見える
ワールプールのオーブン。鶏肉に温度計が刺さっているのが見える
[画像のクリックで拡大表示]
Yummlyのスマート温度計と連携したオーブン調理機能をアピールしていた
Yummlyのスマート温度計と連携したオーブン調理機能をアピールしていた
[画像のクリックで拡大表示]
FoodTech Liveで展示されていたMEATERの「MEATER」シリーズ。肉にセンサーが刺さっている
FoodTech Liveで展示されていたMEATERの「MEATER」シリーズ。肉にセンサーが刺さっている
[画像のクリックで拡大表示]

 バーベキューグリルを製造する米ウエーバー(Weber)は温度状況をセンシングして焼き加減を監視し、ひっくり返すタイミングなどをお知らせしてくれるスマートグリル「Weber Connect」をデモしていた。同社のブースでは既存のグリルをスマート化できる製品も展示していた。

ウェーバーのスマートグリル「Weber Connect」シリーズ
ウェーバーのスマートグリル「Weber Connect」シリーズ
[画像のクリックで拡大表示]
既存のグリルをスマート化できる「Weber Connect Smart Grilling Hub」
既存のグリルをスマート化できる「Weber Connect Smart Grilling Hub」
[画像のクリックで拡大表示]

 スマートグリルは米アマゾン・ドット・コム(Amazon.com)のブースでも米Traegerの「Traeger Pro 575」が展示されており、バーベキュー文化が浸透している米国ではバーベキューのスマート化が進んでいることがうかがえた。

アマゾン・ドット・コムのブースに展示されていたTraegerのスマートバーベキューグリル「Traeger Pro 575」
アマゾン・ドット・コムのブースに展示されていたTraegerのスマートバーベキューグリル「Traeger Pro 575」
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い