全1370文字

 他の人からもらったExcelのシートを見て、うんざりすることがたびたびある。その1つが、半角カタカナを使用しているシートだ。半角カタカナには文字化けなどのトラブルがつきもの。シート内のデータを別のソフトやシステムで活用しようとしたとき、不具合を招きやすい。

 中には、1枚のシートに全角カタカナと半角カタカナが交じった、作り手のセンスを疑うようなものも見かける。下図はその一例だ。このようなケースではもちろん、半角カタカナを全角カタカナに統一する。

「書籍名」を見ると半角カタカナと全角カタカナが交じっている。これはちょっと非常識なシートだ。もちろんすべて全角に置き換えるべし
「書籍名」を見ると半角カタカナと全角カタカナが交じっている。これはちょっと非常識なシートだ。もちろんすべて全角に置き換えるべし
[画像のクリックで拡大表示]

JIS関数で半角カタカナを全角に

 ただしその際に、半角カタカナを手作業で全角カタカナに変更していては「Excelで時短」のモットーに明らかに反する。JIS関数を用いるのが常識だ。

 JIS関数は半角の文字列を全角の文字列に変換する関数だ。構造も極めてシンプルで引数は1つしかない。

=JIS(文字列)
文字列内の半角(1 バイト)の英数カナ文字を、全角(2 バイト)の文字に変換する。
(1)文字列 文字列または変更する文字列を含めセルアドレスを指定する。

 先の「書籍名」にJIS関数を利用してみよう。まず、B列の列見出しを右クリックし、メニューから「挿入」を選ぶ。B列が空のセルになるから、ここにJIS関数を設定する。

 まずB2を選択して、「数式」タブの「文字列操作」ボタンから「JIS」を選ぶ。「関数の挿入」ダイアログが現れたら、「文字列」のテキストボックスが選択されていることを確認してA2をクリックする。以上の設定で「OK」ボタンを押すと、半角カタカナを全角に一発で置き換えられた。

 さらにB2を選択している状態で右下隅のハンドルをダブルクリックして、設定した数式をB8までオートフィルする。これですべての半角カタカナを全角に変換できた。

「JIS」関数の挿入ダイアログで関数の引数を設定する
「JIS」関数の挿入ダイアログで関数の引数を設定する
[画像のクリックで拡大表示]
B2セルの数式をB8セルまでオートフィルした。半角カタカナを全角カタカナに変更できた
B2セルの数式をB8セルまでオートフィルした。半角カタカナを全角カタカナに変更できた
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い