全837文字
PR

 カードゲームでは、例えば「UNO」のように1人だけが勝者で、負けた人の点数を総取りするものがいろいろある。今回はこのような勝者総取りゲームに使う、入力に便利なExcelの点数表について考えてみたい。

「名前の定義」を活用せよ

 参加者は4人で10回戦と仮定しよう。点数表のポイントは、3人の負けた人の点数を合計し、勝った人の点数とするところだ。負けた人の点数については都度入力せざるを得ない。しかし、勝った人の点数計算を簡単にできれば、点数表作成の面倒も軽減できるだろう。今回は「名前の定義」を利用して、さくさくと勝ち点を計算したい。

 「名前の定義」とは、セル範囲や数式に名前を付けて、定義した名前を数式などに利用する機能を指す。例えば下図で「たくや」君が勝った場合、その回のC列:E列の負け点を合計し、その絶対値が勝ち点になる。他のメンバーも考え方は同様だ。このことを念頭に、まずは「たくや」君のケースで「名前の定義」を設定する。手順は次の通りだ。

参加者は4人で10回戦とした。負けた人の点数は手入力せざるを得ないが、勝った人の点数計算を「名前の定義」で簡単にしたい。B1を選択して「数式」タブから「名前の定義」ボタンをクリックする
参加者は4人で10回戦とした。負けた人の点数は手入力せざるを得ないが、勝った人の点数計算を「名前の定義」で簡単にしたい。B1を選択して「数式」タブから「名前の定義」ボタンをクリックする
[画像のクリックで拡大表示]
「新しい名前」ダイアログが開く。B1を選んでいたから「名前」には「たくや」と入っている。「範囲」は「ブック」、「参照範囲」はSUM関数を使って「=SUM(Sheet1!C1:E1)*-1」として「OK」を押す。「$」付きの絶対参照ではなく相対参照で入力すること
「新しい名前」ダイアログが開く。B1を選んでいたから「名前」には「たくや」と入っている。「範囲」は「ブック」、「参照範囲」はSUM関数を使って「=SUM(Sheet1!C1:E1)*-1」として「OK」を押す。「$」付きの絶対参照ではなく相対参照で入力すること
[画像のクリックで拡大表示]

 ポイントは「参照範囲」で、セルを選択したB1に合計点を出す場合、C1からE1の値を合計し、「-1」を掛けて絶対値にすればよい(現在の参照先は文字列だが無視しよう)。「=SUM(Sheet1!C1:E1)*-1」はまさにそのことを意味している。では、試しに「たくや」君が勝ったケースで、定義した名前を活用してみる。

C2に「-10」、D2に「-12」、E2に「-21」と負けた人の点数を入力する。次にB2を選んで「数式」タブから「数式で使用」をクリックして、「たくや」を選ぶ
C2に「-10」、D2に「-12」、E2に「-21」と負けた人の点数を入力する。次にB2を選んで「数式」タブから「数式で使用」をクリックして、「たくや」を選ぶ
[画像のクリックで拡大表示]
B2に「=たくや」と入った。また、C2:E2が強調表示になった。「名前の定義」で数式を相対参照にしたので、C1:E1ではなくC2:E2を参照しているわけだ。[Enter]キーを押すと、「たくや」君の勝ち点を計算できた。直接「=たくや」と入力してもよい
B2に「=たくや」と入った。また、C2:E2が強調表示になった。「名前の定義」で数式を相対参照にしたので、C1:E1ではなくC2:E2を参照しているわけだ。[Enter]キーを押すと、「たくや」君の勝ち点を計算できた。直接「=たくや」と入力してもよい
[画像のクリックで拡大表示]