全602文字
PR

 Excelでは長いテキストを所定のセル幅に収めたい場合がよくある。この場合、定番技に「折り返して全体を表示する」がある。一方、これとは別にあまり知られていない技として「文字の割付」がある。両方を覚えて場面に合わせて利用したい。

セル幅を変えずにテキストを収める

 下記はA1にかなり長めのテキストが入力してある。これを、セル幅を変えずにセル内に収める。A1を選択したら、「ホーム」タブから「折り返して全体を表示する」ボタンをクリックする。これで一発でセル幅を変えずにテキストを収められる。

A1のセル幅以上に長くなってはみ出たテキスト。A1を選択したら「ホーム」タブから「折り返して全体を表示する」ボタンを選ぶ
A1のセル幅以上に長くなってはみ出たテキスト。A1を選択したら「ホーム」タブから「折り返して全体を表示する」ボタンを選ぶ
[画像のクリックで拡大表示]
一発でセル内にテキストを収められた。行高は変わったが、行幅は元のまま
一発でセル内にテキストを収められた。行高は変わったが、行幅は元のまま
[画像のクリックで拡大表示]
行幅を調整すると、行幅に合わせてテキストの折り返し位置が変わる
行幅を調整すると、行幅に合わせてテキストの折り返し位置が変わる
[画像のクリックで拡大表示]

 この「折り返して全体を表示する」と一緒に覚えておきたいのが「並べ替えとフィル」にある「文字の割付」だ。上記と同じサンプルで「文字の割付」を実行してみよう。

先ほどと同じサンプルで、A1を選択したら「ホーム」タブの「フィル」ボタンから「文字の割付」を選ぶ。警告が出るが「OK」を押す
先ほどと同じサンプルで、A1を選択したら「ホーム」タブの「フィル」ボタンから「文字の割付」を選ぶ。警告が出るが「OK」を押す
[画像のクリックで拡大表示]
テキストがA1:A4に分割して入力された。行高も行幅も元のままだ。A1の値を見ると、テキストが途中で分断されたことが分かる
テキストがA1:A4に分割して入力された。行高も行幅も元のままだ。A1の値を見ると、テキストが途中で分断されたことが分かる
[画像のクリックで拡大表示]