全882文字
PR

 Excelで大きな数字を扱うと「6.32E+11」や「1.97E+12」などの表示になることがある。これは一体何を意味しているのだろうか。

「生産高」の値に「E+11」や「E+12」が表示された。これは何を意味しているのか
「生産高」の値に「E+11」や「E+12」が表示された。これは何を意味しているのか
[画像のクリックで拡大表示]

「指数表示」の仕組みを理解する

 ここで取り上げた「E+11」や「E+12」を指数表示という。Excelでは桁数の多い数字を表示する場合、この指数表示を用いる。指数表示は次のように簡単な例で覚えるのが手っ取り早い。

1,000……1E+3(=1*10*10*10)

10,000……1E+4(=1*10*10*10*10)

100,000……1E+5(=1*10*10*10*10*10)

 このように指数表示では、Eの前の値に、Eの後にある回数だけ10を掛け算することを示している。平たく言うと、Eの前の数字にEの後にある数だけ「0」を付ければよい。また、Eの後にある値に「1」を足せば桁数になる。

 例えば「1E+3」の場合、「1」のあとに「0」を「3」個つけるから「1000」になる。また桁数は「3」に「1」を足して4桁というわけだ。

 ただし、冒頭の図で見たように、Eの前の値が常時「1」とは限らない。例えば「6.32E+11」だと全12桁で、先頭の3桁が「632」であることを示している。また、「632」の直後に「0」が9桁続くとも限らない。試しにセルの幅を広げると「6.32072E+11」となった。さらにB2を選択すると、「数式」バーで実数を確認できる。

セル幅を広げると表示される値の桁数が増える。実数は「数式」バーで確認できる
セル幅を広げると表示される値の桁数が増える。実数は「数式」バーで確認できる
[画像のクリックで拡大表示]