全984文字
PR

 大手企業の売上高は、桁数が多くなるため千万なのか億なのか、数字の単位を特定するのにちょっと時間がかかる。下図はその一例だ。そのため回避策として「千円」や「万円」に数値を丸めて表示することがよくある。

桁数が多くなると、数字の単位を瞬時に把握するのが難しい。「千円」や「万円」で数字を丸めよう
桁数が多くなると、数字の単位を瞬時に把握するのが難しい。「千円」や「万円」で数字を丸めよう
[画像のクリックで拡大表示]

「千円」単位で表示する

 まず「千円」単位による丸めから。こちらには「表示形式」を用いる特殊な方法がある。B2:B6を選択したら、右クリックでメニューから「セルの書式設定」を選ぶ。ダイアログが開いたら「表示形式」タブの「分類」から「ユーザー定義」を選ぶ。続いて「種類」の下にあるテキストボックスの値を「#,##0,」と書き換える。ポイントは「0」の後に付けた「,(カンマ)」だ。「OK」ボタンを押すと、「千円」単位で値を表示できた。

「セルの書式設定」ダイアログの「表示形式」→「ユーザー定義」を選び、「種類」の値を「#,##0,」と書き換える
「セルの書式設定」ダイアログの「表示形式」→「ユーザー定義」を選び、「種類」の値を「#,##0,」と書き換える
[画像のクリックで拡大表示]
カンマ1つ付けるだけで「千円」単位で表示できる。表示形式が変わっただけで数字は元のまま
カンマ1つ付けるだけで「千円」単位で表示できる。表示形式が変わっただけで数字は元のまま
[画像のクリックで拡大表示]

 「0」の後に付けた「,」は千の位で区切るカンマを意味している。これにより千より下の桁は省略表示になる。ただ表示が省略されているだけで、数式バーで確認すると、値は元のままであることが分かる。

 ちなみに設定した「表示形式」を「#,##0,,」のようにカンマを2つにすると百万単位、「#,##0,,,」のように3つにすると十億単位での省略表示になる。

「売上」を「百万円」単位で表示してみた。「表示形式」は「#,##0,,」と指定している
「売上」を「百万円」単位で表示してみた。「表示形式」は「#,##0,,」と指定している
[画像のクリックで拡大表示]