全867文字
PR

 「オートSUM」ボタンはExcelのユーザーならば誰もが使っているはずだ。ところがあまりにも定番であるこの機能に、意外と知られていない早技・裏技がある。以下「北店」と「南店」の売上高を例に、まとめて紹介したい。

「オートSUM」ボタンを使って、「小計」「合計」「総計」を計算する。いろいろなやり方を試してみたい
「オートSUM」ボタンを使って、「小計」「合計」「総計」を計算する。いろいろなやり方を試してみたい
[画像のクリックで拡大表示]

「オートSUM」ボタンの基本所作

 まず、B5:C5に「小計」を求める。皆さんならばどのような方法を用いるだろうか。ここではまず、B2:C4を選択して、「ホーム」タブの「オートSUM」ボタンをクリックする。B5とC5に「北店」と「南店」の1月から3月の小計を算出できた。

小計を算出できた。C5をクリックして数式を確認すると「=SUM(C2:C4)」となっている。確かに「南店」の1月から3月の合計だ
小計を算出できた。C5をクリックして数式を確認すると「=SUM(C2:C4)」となっている。確かに「南店」の1月から3月の合計だ
[画像のクリックで拡大表示]

 次にD2:D5に「合計」を算出する。ここでは、まずD2:D5を選択する。そうしたら、[Alt]+[=]キー(機種によっては[Alt]+[Shift]+[=]キー)を押してみよう。はい、それぞれの月および小計の「合計」を計算できた。[Alt]+[=]キーは、「オートSUM」ボタンのショートカットで、いちいちボタンをクリックするよりも断然時短に効く。

合計を算出できた。D5をクリックして数式を確認すると、「=SUM(B5:C5)」となっていて、確かに「北店」と「南店」における1~3月の「小計」の合計になっている
合計を算出できた。D5をクリックして数式を確認すると、「=SUM(B5:C5)」となっていて、確かに「北店」と「南店」における1~3月の「小計」の合計になっている
[画像のクリックで拡大表示]