PR

 Excelで美しい表を作ろうとした場合、よく問題となるのがセル幅に収まりきらないテキストや値の扱いではないか。

 テキストがセルに収まらない場合、セル幅を広げることで全体を表示できる。その際に、列見出しの境界をダブルクリックすると、テキストの幅にぴたりと合うようにセル幅を調整できる。

セル幅を調整する早ワザ

 このテクニックには裏ワザがある。表を作成済みのシートで、シート左上隅にある三角マークをクリックしてシート全体を選択する。空白セルを選択したあと[Ctrl]+[A]キーでシート全体を選択してもよい。

 そうしたら、先の要領で列見出しの境界をダブルクリックしてみよう。すると、それぞれの列の中にある最長のテキストに、全列の幅を一発で合わせられる。個々の列幅をいちいちダブルクリックして調整するよりも、段違いに速いのは火を見るよりも明らか。

セル幅を一発で調整する
セル幅を一発で調整する
シート全体を選択したあと、列見出しの境界をダブルクリックする。列の中にある最長テキストに合わせて、全列の幅を一発で調整できる
[画像のクリックで拡大表示]

セル幅を変えずにテキストを収める三大ワザ

 ただし場合によっては、セル幅のサイズを変更したくないことがある。次の三大ワザで対応しよう。

 まず、「ホーム」タブの「折り返して全体を表示する」ボタンを利用する手だ。これを用いると、セル幅の終わりでテキストが折り返され、複数行になる。

 「折り返して全体を表示する」と似た方法で、任意の場所でテキストを強制的に改行する手もある。長いテキストの入っているセルを選択したら、セル内容が表示される画面上部の領域(「数式バー」)で改行したい位置にカーソルを置く。セルをダブルクリックしてセル内の改行したい位置にカーソルを置いてもよい。

 そうしたら、[Alt]キーを押しながら[Enter]キーを押す。するとテキストは2行になり、目的の場所で改行されているのが分かる。

 さらにもう1つ、「ホーム」タブの「配置」の右隅にある矢印マークをクリックして「セルの書式設定」ダイアログを開く。ここで「文字の制御」にある「縮小して全体を表示する」にチェックを入れる。「OK」ボタンを押すと、テキストが縮小表示になってセル幅に収まるようになる。ただ、あまりにテキストのはみ出しが多い場合、テキストサイズがとても小さくなる。1~2文字程度のはみ出しの際に利用すると有効だ。

セル幅を変えずにテキストを収める三大ワザ
セル幅を変えずにテキストを収める三大ワザ
セル幅を変えずにテキストを収める代表的な方法には3つある。いずれも使いこなせるようになっておきたい
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い