全1239文字

 複数のセルを結合してテキストを中央に表示する「セルを結合して中央揃え」は、見栄えの良い表を作成するのに欠かせない機能だ。ただし、「セルを結合して中央揃え」を設定しておくと並べ替えでトラブルになることがある。

「セル結合」で警告が

 下図はその一例で、表の「性別」に入力してある「男」と「女」に「セルを結合して中央揃え」を用いている。ここでは「姓」を基準に昇順で並べ替えたいので、C1を選んで「ホーム」タブの「並べ替えとフィルター」から「昇順」を選ぶ。するとExcelは並べ替えの範囲を自動的に判定する。ここまではよいのだが、そのあと「全ての結合セルを同じサイズにする必要があります。」と警告が出て並べ替えを実行できない。

C1を選んで「ホーム」タブの「並べ替えとフィルター」から「昇順」を選んだ。しかし警告が出た
C1を選んで「ホーム」タブの「並べ替えとフィルター」から「昇順」を選んだ。しかし警告が出た
[画像のクリックで拡大表示]

 このように結合セルが混じった表では並べ替えができない。解決方法には、A列とB列を入れ替えて、結合セルが混じらないよう男女それぞれで範囲を選択し、「姓」を基準に並べ替え、そのあとA列とB列を元に戻す方法がある。

 また警告にあるように「結合セルを同じサイズにする」のも解決方法の1つだ。これは結合セルを一旦解除して通常のセルサイズにする、と理解すればよい。以下、この考え方に従った解決方法について考えてみよう。

 結合セルになっているB2:B6を選択し、「セルを結合して中央揃え」をクリックする。これでセルサイズは均一に戻った。しかし、B3:B5およびB7:B9は空白セルになっていて、これでは男女による並べ替えを実行できない。そこで、B3:B5は「男」、B7:B9は「女」の値で埋めてしまう。

結合セルを選択して、「ホーム」タブの「セルを結合して中央揃え」をクリックしてセル結合を解除する。そのあと空白のセルに「男」および「女」を入力する
結合セルを選択して、「ホーム」タブの「セルを結合して中央揃え」をクリックしてセル結合を解除する。そのあと空白のセルに「男」および「女」を入力する
[画像のクリックで拡大表示]