全845文字
PR

 Excelで扱う図形の位置には前後関係がある。作成した順が新しいほど前面に、古いほど背面に配置される。これにより、図が重なると一方の図が前面にきて、もう一方が背面に隠れるわけだ。

前面や背面への移動

 具体例で説明しよう。下図は2つの図形が重なっている。現状では、左側のひし形が背面、右側が前面に位置している。これを逆にしてみよう。

 まず前面にある右側のひし形を選び、「図形の書式」タブから「背面に移動」ボタンを押す。これで右側のひし形が背面に回った。さらに「前面へ移動」ボタンを押すと再び前面と背面が入れ替わる。

入れ替えたい図形を選んで、「図形の書式」タブにある「前面に移動」や「背面に移動」を利用する
入れ替えたい図形を選んで、「図形の書式」タブにある「前面に移動」や「背面に移動」を利用する
[画像のクリックで拡大表示]

 続いて下図では3つのひし形の前後を入れ替える。ここでは左端のひし形を、中央にあるひし形の前面にもってきたい。しかし、左側のひし形を選んで、「前面へ移動」ボタンを押しても何も起こらない。

左端のひし形を選んで「前面へ移動」ボタンを押したが何も起こらない。3つのひし形の前後関係が、中央(最前面)、右端(中間)、左端(最背面)になっていたから
左端のひし形を選んで「前面へ移動」ボタンを押したが何も起こらない。3つのひし形の前後関係が、中央(最前面)、右端(中間)、左端(最背面)になっていたから
[画像のクリックで拡大表示]

 理由は簡単だ。図形が3つあるということは、それぞれに前後関係がある。今の事例だと、3つのひし形のうち、真ん中が最前面、右端が中間、左端が最背面にあったと考えてみよう。

 左端のひし形を選んで「前面へ移動」ボタンを押しても、一見すると何も起こらない。しかし、左端と右端のひし形の前後関係は入れ替わっている。ただ、中央のひし形が最前面にあるままなので、何も起こっていないように見えたわけだ。

 こういうときには、「前面に移動」ボタンの横にある「▼」から「最前面に移動」を選ぼう。一発で左端のひし形を最前面(中央のひし形の前面)に移動できる。

左端のひし形を選んで「最前面に移動」を適用した。一番前面に移動させたいときに使おう。「最背面に移動」もある
左端のひし形を選んで「最前面に移動」を適用した。一番前面に移動させたいときに使おう。「最背面に移動」もある
[画像のクリックで拡大表示]