全970文字
PR

 当選賞金が高額な宝くじでは、1等が当たる確率は1000万分の1にさえなるという。しかし、1000万分の1といわれても、具体的にイメージするのははなはだ難しい。Excelを使って具体的に考えてみよう。

1000万日を年で換算する

 ここでは1000万を「1000万日」と日数で考えてみたい。この1000万日を年に換算すれば、1000万という数を少しはイメージしやすくなりそうだ。

A2に「10,000,000」と入力する。単純化して1年は365日のみと考えて、B2には「=A2/365」と数式を設定する。[Enter]キーを押すと「27,397.2603」と返った
A2に「10,000,000」と入力する。単純化して1年は365日のみと考えて、B2には「=A2/365」と数式を設定する。[Enter]キーを押すと「27,397.2603」と返った
[画像のクリックで拡大表示]

 ご覧のように、「27,397.2603」と返った。つまり1000万日を年に換算すると「2万7397年」になる。手元の日本史年表を見ると、紀元前2万5000年頃は、後期旧石器時代に当たる。諸説はあるものの縄文時代の始まりが紀元前1万年頃と考えられているから、それよりもはるかに昔のことだ。

 つまり1000万分の1とは後期旧石器時代から現在の間のたった1日になる。確率1000万分の1と聞くと、わずかでも当たる可能性があると考えがちだ。しかし、1000万分の1という確率はほぼゼロだと考えてよい。

 ちなみに私たちは、客観的な確率が低いときに実際よりも高く感じ、客観的な確率が高いときに実際よりも低く感じる。このメカニズムには、確率加重関数という難しい名前がついている(ノーベル経済学賞を受賞した行動経済学者ダニエル・カーネマン氏、それに故エイモス・トヴェルスキー氏が命名した)。