全629文字

 何かをランク付けする際に、上位10%や20%など、全体に占める相対的な割合を利用することがある。こうすることで、自分が母集団のどのレベルにいるのかを判断できる。

ちょっと長い名のPERCENTILE.INC関数

 ここではテストの成績で上位20%がAランク、上位50%がBランク、それ以外はCランクにしたいとする。このような場合、まず各ランクのボーダーライン、つまり基準点を割り出す必要がある。利用するのは関数名がちょっと長いPERCENTILE.INC関数だ。

PERCENTILE.INC関数 統計関数

= PERCENTILE.INC(配列、率)

 配列に含まれる値のk番目の百分位を返す。

①配列 相対的な位置を決定する数値データが含まれる配列または範囲を指定する。
②率 百分位の値を、0以上1以下の範囲で指定する。
 セルF2を選択して「=PERC」と入力する。関数が一覧できる表示になるので「PERCENTILE.INC」を選ぶ
セルF2を選択して「=PERC」と入力する。関数が一覧できる表示になるので「PERCENTILE.INC」を選ぶ
[画像のクリックで拡大表示]
まず、引数「配列」を入力する。B2:B15を選択し、[F4]キー(機種によっては[fn]+[F4]キー)を押して「$B$2:$B$15」のように絶対参照にする。時短道に反するが、手入力で「$」を追加してもよい
まず、引数「配列」を入力する。B2:B15を選択し、[F4]キー(機種によっては[fn]+[F4]キー)を押して「$B$2:$B$15」のように絶対参照にする。時短道に反するが、手入力で「$」を追加してもよい
[画像のクリックで拡大表示]
「配列」に続いて「,(カンマ)」を入力したら、次に引数「率」を入力する。「上位20%」とは全体の80%以上を意味する。よって「率」には「0.8」と入力する。最後に「)」(カッコ閉じ)を入力して「=PERCENTILE.INC($B$2:$B$15,0.8)」としたら完成だ
「配列」に続いて「,(カンマ)」を入力したら、次に引数「率」を入力する。「上位20%」とは全体の80%以上を意味する。よって「率」には「0.8」と入力する。最後に「)」(カッコ閉じ)を入力して「=PERCENTILE.INC($B$2:$B$15,0.8)」としたら完成だ
[画像のクリックで拡大表示]
[Enter]キーを押すと「724.4」の結果が返った。つまり上位20%の点数は「724.4」以上となる
[Enter]キーを押すと「724.4」の結果が返った。つまり上位20%の点数は「724.4」以上となる
[画像のクリックで拡大表示]
F2の数式をコピーしてF3にペーストする。数式バーで引数「率」の箇所を「0.8」から「0.5」に書き換える。[Enter]キーを押すと上位50%の基準点「542.5」点が返った。F4は空のままで問題ない
F2の数式をコピーしてF3にペーストする。数式バーで引数「率」の箇所を「0.8」から「0.5」に書き換える。[Enter]キーを押すと上位50%の基準点「542.5」点が返った。F4は空のままで問題ない
[画像のクリックで拡大表示]