全1266文字
PR

 Excelで図形と図形を矢印付きの線で結ぶ場合、「コネクタ」を利用するのが便利で快適だ。ただし、時短に生かすにはコネクタがもつ独自の振る舞いを知っておきたい。

「既定の線に設定」を活用せよ

 まず、等間隔に配置した図形を準備する。この図形をコネクタで結ぶには、「挿入」タブの「図」ボタンから「図形」を選び、「コネクタ:カギ線矢印」を選ぶ。

直角に曲がる矢印付きの線を付けたい場合、この「コネクタ:カギ線矢印」を利用する
直角に曲がる矢印付きの線を付けたい場合、この「コネクタ:カギ線矢印」を利用する
[画像のクリックで拡大表示]

 するとポインタが「+」になる。この状態でポインタをコネクタの始点になる図形の上に移動すると、図形の上下左右中央に丸印ができる。続けて図形の下辺中央の丸印にポインタを合わせ、その後ドラッグし、終点になる図形の上にポインタを移動する。

 すると、再び図形の上下左右の中央に丸印ができる。今度は図形の上辺中央の丸印にポインタを合わせてドラッグを終了する。すると、2つの図形を矢印付きのコネクタで結べた。

 なお、コネクタがうまくカギ型にならない場合、図形を選んだ状態で「図形の書式」タブの「配置」で「枠線に合わせる」や「図形に位置を合わせる」の選択を解除する。

2つの図形をコネクタで結んだ。図形を移動してもコネクタは切れず図形に付いてくる
2つの図形をコネクタで結んだ。図形を移動してもコネクタは切れず図形に付いてくる
[画像のクリックで拡大表示]

 コネクタが便利なのは、図形を移動してもコネクタは切れず、図形についてくる点だ。この点にコネクタを利用する理由がある。

 ただ、現在のコネクタは線があまりにも細い。コネクタを選択している状態で、「図形の書式」タブの「図形スタイル」から「光沢(線)-アクセント1」を選んで線を太くする。続けてコネクタを右クリックして、メニューから「既定の線に設定」を選ぶ。

まず「図形の書式」タブの「図形のスタイル」から「光沢(線)-アクセント1」を選んで線を太くする
まず「図形の書式」タブの「図形のスタイル」から「光沢(線)-アクセント1」を選んで線を太くする
[画像のクリックで拡大表示]
続けてコネクタを右クリックして「既定の線に設定」を実行する。これで次回からコネクタにこのスタイルを適用できる
続けてコネクタを右クリックして「既定の線に設定」を実行する。これで次回からコネクタにこのスタイルを適用できる
[画像のクリックで拡大表示]

 ここで特に重要なのが、「既定の線に設定」しているところだ。この設定をしておくと、次回にコネクタを描くと、今しがた設定した太い線のコネクタを描ける。つまり、この設定をしないと、毎回いらいらしながら線のスタイルを太線に変更しなければならず、時短どころではなくなるのだ。