PR

 「カリフォルニア」という響きや照りつける太陽のイメージとは裏腹に、シリコンバレーの夏は決して暑くはない。8月でも最高気温は25℃、最低気温が15℃程度と、いずれも東京より10℃ほど低く非常に過ごしやすいのです。きっとこの快適な気候が、たくさんのアイデアを生む手助けをしてきたのだろうと感じさせられます。今回はそんなシリコンバレーのBBQシーンで大活躍をしている調理器具「Anova」についご紹介したいと思います。

 Anovaはプロレベルの低温調理を自宅でシンプルに実現できる調理器具です(調理方法は後述します)。2013年に発表され、2014年にはクラウドファンディングのプラットフォームKICKSTARTERで1万人以上の支援者から日本円で約2億円の資金調達に成功。2017年にはスウェーデンの大手家電メーカーエレクトロラックス(Electrolux)に300億円近い金額で買収されて注目を集めました。

図 Anovaのオフィシャルサイト(https://anovaculinary.com/)
図 Anovaのオフィシャルサイト(https://anovaculinary.com/)
[画像のクリックで拡大表示]

 登場キャンペーンの大成功を皮切りに改良を重ね、その後、高機能モデルや低価格モデルをリリース。現在は、通信機能や出力W数の違う3機種を展開しています(価格は$99、$129、$159)。日本でも購入可能です(日本での利用には電源アダプタが必要となります)。