PR

モバイルディスプレイはモバイルワーカーの友

 軽量のノートPCを利用していて、「出先で2画面を使えないと不満は解消できない」と思ったユーザーがいるかもしれない。そんなユーザーにお薦めなのがモバイルディスプレイだ。

 モバイルディスプレイは、10~15型の軽量かつコンパクトで、持ち歩けるタイプの液晶ディスプレイである。利用できる機能自体は、一般的な液晶ディスプレイと変わらない。PCと接続してマルチディスプレイ環境を作れば、複数のアプリを同時に表示しながら快適に作業できる。

ASUS JAPANのモバイルディスプレイ「MB16AC」
ASUS JAPANのモバイルディスプレイ「MB16AC」
(撮影:竹内 亮介)
[画像のクリックで拡大表示]
15.6型パネルを搭載し、解像度はフルHDをサポート
15.6型パネルを搭載し、解像度はフルHDをサポート
(撮影:竹内 亮介)
[画像のクリックで拡大表示]

 一般的な液晶ディスプレイとは違い、モバイルディスプレイの多くは電源ケーブルの接続を必要としない。PCのUSBポート経由の給電のみで利用できる。つまり、ノートPCとモバイルディスプレイを付属のUSBケーブルで接続するだけで、マルチディスプレイ環境が完成する。この手軽さが最大の魅力だ。

MB16ACでは、付属のType-Cケーブル一本でPCと接続して利用できる
MB16ACでは、付属のType-Cケーブル一本でPCと接続して利用できる
(撮影:竹内 亮介)
[画像のクリックで拡大表示]

 例えば出張先で作業の続きをしたいときに、モバイルディスプレイがあれば、画面サイズはやや小さいにせよオフィスで利用しているマルチディスプレイの作業環境を再構築できる。出張先のホテルで作業を継続したいときにも便利だ。

 モバイルディスプレイは、「複製」機能も役に立つ。ノートPCのディスプレイとモバイルディスプレイに同じ画面を表示し、モバイルディスプレイを相手側が見やすいように設置してプレゼンテーションすれば、PCの位置をいちいち変えなくて済むし、相手先にプレゼンテーション用の設備がある必要もない。

 ただしモバイルディスプレイは価格が高め。一般的な外付けの大型液晶ディスプレイの実勢価格は、24型サイズなら1万円代半ばから3万円台で購入できるが、モバイルディスプレイはサイズにもよるが3~5万円の製品が多い。ノートPCを使っているならどんなユーザーにも便利、というわけでもないので、購入前には自分の仕事のスタイルとかみ合うかをよく検討したい。

 また、単体のモバイルディスプレイを購入しなくても、Android搭載タブレットやiPadを、モバイルディスプレイの代わりに利用できるアプリもある。無線LANで接続するものがほとんどで、このタイプではなんとPCとのケーブル接続も必要ない。ただし表示性能は、モバイルディスプレイに劣る。まずはこうしたアプリで、使用感や自分にとっての利便性を確認するのもよいだろう。