米アップル(Apple)の開発者イベント「WWDC 2018」をスマートフォンの視点で見ると、ARへの取り組みの強化が注目されたようだ。だが、その裏にある大きなテーマは、実はコミュニケーションの進化だと筆者はみる。

「ARKit 2」の共有体験はARを大きく進化させる

 2018年もアップル恒例のWWDCが開催された。その基調講演を視聴して、観客が大きく盛り上がったのはARプラットフォーム「ARKit」の新バージョン「ARKit 2」であったように思う。

 ARKit 2では平面だけでなく立体のオブジェクトを認識できるようになったほか、ARの仮想オブジェクトをその場に残しておける「パーシステントAR」を新たに導入するなど、ARKitに不足していた要素がしっかり改善されている。それに加えて新たに米ピクサーとのコラボレーションによって新しいARのオープンファイルフォーマットを用意した。アップルがAR技術に力を注ぎ、業界のリーダー的存在になろうとしていることがよく理解できる。

「ARKit 2」では3Dオブジェクトを認識できるなど大幅な進化を遂げた。複数デバイスで同じAR空間を共有できるようになったことは今後大きな意味を持つと見る。写真はアップルのプレスリリースより
「ARKit 2」では3Dオブジェクトを認識できるなど大幅な進化を遂げた。複数デバイスで同じAR空間を共有できるようになったことは今後大きな意味を持つと見る。写真はアップルのプレスリリースより
(出所:アップル)
[画像のクリックで拡大表示]

 なかでも特に筆者が注目したのが、複数のデバイスで同じAR空間を共有体験できるようになったことだ。

 ARは現実世界と仮想空間を結び付ける技術ではあるものの、従来はあくまで1つのデバイスで1つの空間を利用するものであり、個人で利用するものという認識であった。ARKitの登場によってリアルなARアプリを開発しやすくなったものの、利用スタイルは閉じた世界で楽しむVRと大きく変わらず、広がりに欠ける印象を受けていたのは事実だ。

 だがARKit 2は隣り合う複数の人達で同じ1つのAR空間を共有できるようにした。このことは、同じ空間でARを利用している人達に共通の体験をもたらし、コミュニケーションを生み出すことにつながってくる。これまでにも大がかりな機器を用いた実証実験などで、ARの共有体験を実現する取り組みは存在したが、それを多くの人が手軽に利用できるiPhoneやiPadで実現したことの意義は大きい。

 もちろん、ARKit 2が登場したことで、すぐに何らかの変化が起きるわけではないだろう。だが今後のARの進化と普及を促進するうえで、ARKit 2の共有体験が果たす役割は大きいと筆者は感じた。