PR
全2803文字

 「中国のロボット掃除機の進化がものすごい」――。こんな話を、2018年春のある日、取材先から聞いた。自動運転車に使われる「LiDAR(Light Detection and Ranging)」や「SLAM(Simultaneous Localization and Mapping)」といった最新技術を搭載した最先端のロボット掃除機が中国で発売され、2017年半ばごろから急速に売れ始めているというのだ。

 驚いたのは、その価格である。この取材先の話によると、3万円程度で、LiDARとSLAMを搭載した最先端のロボット掃除機が中国では売られているという。手頃な価格を実現したことで、売れ行きに火が付いたようだ(図1)。

図1 自動運転技術を搭載した中国製のロボット掃除機
図1 自動運転技術を搭載した中国製のロボット掃除機
写真はエコバックス・ロボティクスの「DEEBOT DE35」。下側の出っ張っている円形状の部分にLiDARが搭載されている。
[画像のクリックで拡大表示]

 LiDARとは、レーザー光を使ったセンサー技術の1つである。ロボット掃除機から360度全方向に向けてレーザー光を照射する。このレーザー光は、例えば部屋の壁に当たって跳ね返ってくる。この反射光を測定することで、ロボット掃除機から壁までの距離を計測できる。照射した光が反射して受信されるまでの“光の往復飛行時間”を使って、距離を算出する。

 仕組みはレーダーと同じだが、LiDARが通常のレーダーと違うのは、波長の短い赤外レーザー光を使うことである。このため、前後左右の距離分解能が高い。周辺環境を鮮明に捉えられることから、自動運転技術では標準的なセンサーになってきている。

 このLiDARをはじめとする各種センサーで取得した情報から、ロボット掃除機の位置を推定すると同時に、部屋の地図を作成する。この自己位置推定と地図生成を同時に行う技術がSLAMだ。自分(掃除機)が部屋のどこにいるかを認識し、自ら作成した部屋の地図に基づいて、効率よく部屋を掃除して回る。このSLAMも自動運転車に必須の技術である。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い